9531096著名なリモート・ビュワー(遠隔透視者)といえば、大半の日本人が真っ先に思い浮かぶのが、“FBI超能力捜査官”ジョゼフ・マクモニーグルであるが、本場のアメリカでは、彼と同じサイキック部隊に所属していたエドワード・デイムスのほうがよく知られている・・



神奈川県が北朝鮮に核攻撃される!?


今年に入ってから、朝鮮半島をめぐる情勢はますます緊迫の度を増しつつある。このまま事態が推移すると、行き着く先はどこなのか。「第二次朝鮮戦争だ」と言っているのがエド・デイムスたちリモート・ビュワーなのである。

しかも、彼らが遠隔透視したのは、北朝鮮がコリアン半島で核兵器を使用する光景だった。以下は、リモート・ビューイング手法で、その北朝鮮の核爆弾が使用される地域を彼がスケッチしたものである。


9531096-1


デイムスはこのスケッチに「外国または外国の州」とメモしている。中には「遠隔透視なんて馬鹿馬鹿しい」と思う人もいるだろうが、デイムスはソ連の軍事施設などを遠隔透視したことにより三度も米陸軍から勲章を貰っているのだ。


エド・デイムス氏



このスケッチと×印には、どこかで見覚えがある気がした。しばらく考えていると、思い出した。これはもしかして神奈川県ではないのか。ちょうど、右下に突き出ている地域が横須賀のある三浦半島というわけだ。

すると、核爆発のグランドゼロを示す「×」マークはまさに厚木基地のことではないか。

9531096-2


しかし、厚木基地を示す証拠は、実はリモート・ビューイングだけではなかったのである。私が続いて思い出したのが一枚の「イルミナティカード」である。

近年、日本でも徐々に知られるようになった、秘密結社「イルミナティ」の予言を示しているといわれる「イルミナティカード」。

下記画像の右側のカードの絵をよくご覧になってほしい。

壁に人影がプリントされており、地面に原子力マークが白々しく置かれている。日本人なら誰もがピンとくるはずだ。これは原爆の爆発によって、人体の有機物が壁に付着してしまった光景を表している、と。

9531096-3


このような現象が起こるには強力な熱線が必要だから、私は原子力事故というより、あくまで核兵器の爆発を暗示していると推測する。
問題はその場所だ。瓦礫だらけの様子はここが都市部であることを示している。何よりも背後のビルが特徴的だ。これは「横浜みなとみらい」にある「ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル」に酷似している。

そして、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルから真西の方向、約16キロのところにあるのが、まさに厚木基地なのである・・


米空母と海自が共同訓練を検討 北朝鮮牽制で連携へ(17/04/12)