9536749こちらは2008年からソファの後ろで眠っていた卵型のチョコレートだそうです。もちろんイースターの際に使われていたものですが、家族は長い間その存在を忘れていたそうです・・





そして9年後、まさにイースターエッグよろしく、2017年見事に家族の目の前に出てきたそうです。これを開けてみようということになったそうです。

しかしあまりの恐ろしい光景に視聴者は「吐き気を催す」とのことです。


問題のチョコエッグ
9536749-1


割ってみたら・・
9536749-2


たまごを開けて出てきたのは、なんとチョコレートでありながら緑色という衝撃的な色合いの「何か」。

匂いは強烈で悪臭を放っているということです。胃が狂うような状況で咳き込んでいるとのこと・・


Opening a 9-year old Easter egg