9537419取材者より「活動家」といっていい彼のSNSには、口にハンカチを詰められ国会の衛視に連行される自らの姿がアップされている・・



今村復興相を激怒させたジャーナリストの正体


これは、特定秘密保護法の成立に反対して野次を飛ばした際の新聞記事を転載したものだが、明らかに“ジャーナリスト”としての矩(のり)を踰(こ)えてはいないか。

今村復興相を激怒させたジャーナリスト 西中誠一郎氏 「この時は目立っちゃいましたが、傍聴席から野次っている人は他にもたくさんいました。それが、僕だけニューヨークタイムズに一番でっかく取り上げられてしまいまして」


話題となった 大今村復興相が激怒した騒動











これだけではない。韓国が条例を改正し慰安婦像の撤去を回避しようとする動きを引き合いに、今年3月、

〈素晴らしい!日本の国会議事堂内にも設置すべき。歴史事実から学べ!〉

とツイッター上でコメントしたのだ。どうやら慰安婦問題には人一倍思い入れがあるようで、過去にはこんな風にも呟いている。

〈少女像一体にビビる日本政府。余程後ろめたいのだろう〉


関連リンク: 【動画】 「出て行け!」 今村復興大臣が記者にブチ切れ話題に! どちらが悪いのか?