9546814厚木基地で4月29日に開かれた基地開放イベントで、米海軍が展示していた軍用ヘリの機銃を子どもを含む来場者が触っていたことが地元の神奈川県大和、綾瀬の両市などへの取材でわかった。両市から申し入れを受けた米軍は「適切ではなかった」として途中で取りやめた。



米軍ヘリの機銃、子どもに触らせる 厚木基地イベント


イベントは米軍と自衛隊の共催で、戦闘攻撃機や輸送機など軍用機約20機を展示。

このうちヘリ2機で機銃を構え、写真を撮ることができた。弾薬は入っていなかったという。


日米親善 春まつり2017 厚木基地



綾瀬市は29日昼過ぎに事態を確認し、「機銃に触れるのは好ましくなく、遺憾」と米軍に伝えた。大和市は「来年以降、銃器の展示は慎重に検討してほしい」と申し入れた。

米軍は両市に「来場者の要望を受け、隊員が銃座に入るのを許したようだ」と説明したという。イベントには過去最多の9万人の来場があった。

2013年8月に神奈川県の横須賀基地であった一般開放でも、子どもら見学者が銃を持つことができ、市民団体が抗議したことがあった。
















厚木基地の空-352 '17/4/29