9561363いま、和菓子を食べないという若者が増えている。株式会社オールアバウト、有限会社春華堂の調べによると、10代の66%が主に洋菓子を購入すると答えており、和菓子を購入すると答えた人は10%を切っている。



さらに、若者の間で和菓子の認知度も下がっている。東京の若者に「おはぎ」「きんつば」「ういろう」を知っているかというアンケートをとったところ、10代の認知度は「おはぎ」が76.2%とやや高かったものの、「きんつば」「ういろう」の認知度は6割を下回る結果となった。

さらに和菓子の代表的な材料のひとつである「求肥(ぎゅうひ)」を知らない10代の若者は4人中1人にのぼった。


9561363-1


9561363-2


中でも「落雁(らくがん)」という和菓子の知名度は低く、普段から和菓子を好んで食べるという若者でも知らない人が多い。しかし一方で落雁は和菓子の最高峰とも言われており、「日本三銘菓」はすべて落雁だ。


落雁



求肥



石川県金沢市「森八」の『長生殿』、新潟県長岡市「越乃雪本舗大和屋」の『越乃雪』、島根県松江市「風流堂」の『山川(やまかわ)』が日本三銘菓として知られている。












(source: AbemaTIMES - 和菓子業界ピンチ? 「求肥」「落雁」を知らない若者たち

和菓子、、、本当はどう思う?