9582077今なお多くの謎に包まれているネバダ州の米空軍施設一帯、グレーム・レイク空軍基地(通称、エリア51)だが、かつてこの上空で撮影されたというUFO映像がリークされて注目を集めている・・



エリア51で30年前に目撃された“極秘UFO映像”が流出


YouTubeチャンネル「SecureTeam10」で先日、過去にエリア51上空で撮影されたというUFOの映像が紹介された。空軍によって撮影・保管されていたものがリークされたということで、1980年代から90年代の映像のようである。

カメラにとらえられたUFOは円盤型というよりも機体の高さがかなりあるアダムスキー型風で、一定の方向に飛行しているのか浮かんでいるだけなのか定かではないが、時折、不規則な素早い動きを見せて移動している。また奇妙な光を発しているようにも見える。

「UFO研究にとってミステリアスな素材の1つで、今まで封印されていた“お宝映像”です」と同チャンネルを運営するタイラー・グロックナー氏は語っている。


エリア51



今回リークされた映像の一場面
9582077-1


9582077-2jpg


はたして、このUFOは地球外からやってきたものなのか? UFO研究者の一部からは、エリア51ではエイリアンの技術供与による新型航空機の数々が極秘で開発されているとする見解もある。

タイラー・グロックナー氏は動画の中で、このUFOは通常のいかなる航空機にも似ておらず、ドローンでもないことを指摘しており、試作機のUFOのテスト飛行を撮影したものである可能を示唆している。

とすれば、1980年代から90年代には米空軍製のUFOが開発されていたことになる・・


LEAKED Area 51 UFO Test Footage? 5/15/17