9583741野菜やチャーシューが山のように高く盛られたラーメン、ケーキや焼き肉、ピザの食べ放題……SNSなどの投稿サイトに、食べ残し写真が増殖している。首をかしげたくなる写真も見かける。回転寿司店で撮られたと見られる寿司のネタだけ食べられて残されたシャリ・・



ネタだけ食べてシャリは残す──SNSで増殖中“食べ残し”写真の現状に迫る


“シャリの食べ残し問題”について、回転寿司チェーンの中には刺身の販売などで対策した店もあるが、大手チェーン店の広報担当者はこう訴える。

「私たちは寿司屋なので、お米にもこだわっています。魚だけでなくお米を含めお寿司をおいしく食べてもらいたい、というのがお店の思いです」

一方で店側からの投稿が物議を醸すことも。発端は大盛りラーメンの量だ。


話題となった ラーメン二郎仙台店のツイート


大盛りラーメンを23年前から提供する『らーめんこじろう渋谷店』守屋弘実さんは、

「途中で体調が悪くなったり、想像していた味や量と違う、と残してしまうこともあるので仕方ない場合もあります。
ただ、手間ひまかけて一生懸命に作ったものを面白半分で残されるのは嫌ですよ。怒る気持ちもわかる。でも、店は文句を言うほど客側に干渉すべきではないし、だからといって、お客さんもお金を払えばいいって問題でもない」

食べ残しは大量廃棄となり、処理にかかる費用も廃棄量が増えるほど高額になる。

「食べ残しは店にとって気持ち、経営、両方のダメージを食らうんです」


回転寿司でネタだけ食べるおじさん



沖縄で焼き肉や寿司などの食べ放題店『バンボシュ』を営む山内悦子さんは、

「全く手をつけていない肉が大量に食べ残されていたり、テーブルの人数分をそれぞれが持ってきて、食べきれないというお客さんもいました。悪質な場合、厳重注意します」

同店には食べ放題に慣れていない外国人観光客も多く来店するといい、「食べ残しを減らすため英語など4か国語で多言語カードを作り、外国人にも食べ残しをしないように伝える取り組みをしています」と、対策を明かす・・

●詳細はソース
















関連リンク: ラーメン二郎仙台店の温厚な店主がブチ切れツイートww 何があったのか??

「食べ残しを持ち帰る」習慣を、食品廃棄物の削減目指すフランス