9603588パチンコの規制を強化する案が11日明らかになりました。大阪の愛好家たちはどう受け止めているのでしょうか。天神橋筋商店街。パチンコ帰りの皆さんに聞いてみました・・



パチンコ出玉規制強化へ 依存症への効果は?


「さっきも勝ってきた。負けたら勝ちたくなる。勝ったときももう1回勝ちに行く。また勝てるんちゃうかみたいな」(パチンコ帰りの男性)

Q.週に何日くらい行く?
「全部。体の調子が悪い時以外。30年以上、35年くらい」

Q.パチンコで?
「生活してる」


パチンコ出玉率を7割程度に?・・・カジノ解禁で改正案(17/07/10)



パチンコの依存症対策に取り組むNPO法人の調査によると、相談者の約7割は1か月あたりの「負け」が5万円以上になるということで、出玉の総数を5万円以下にすることで深みにはまる心理を抑制したい考えです。街の反応は…

「依存してなくてパチンコにハマっているだけの人は減るかもしれない。行く意味ないやんみたいな」

Q.深くハマっている人は?

「やめないやめない絶対やめへん。『ピュヤ―』って音あるじゃないですか、ああいう音を聞きに行く」

「政府がすることはプレイヤーが損することばかり。昔はね、10万突っ込もうが15万突っ込もうが一撃当たったら取り返せたけど、(今は)無理やもん」


ギャンブル依存症啓発ムービー



専門家はその効果については未知数だと話します。

「何が何でも取り戻さなきゃいけない、今までこれだけお金を使ったんだから、とんでもないことをしてしまった、だから取り戻したい。
出玉規制はレッドゾーンにある人には効果は考えられない」(大谷大学文学部社会学科 滝口直子教授)










パチンコ儲けは5万円分まで?“カジノ依存症対策”(17/07/11)