9604376米国立健康統計センター(NCHS)のJoyce Abma氏らは「米国のティーンエージャーの5割以上は性体験がない」という研究結果をCDC(米国疾病管理予防センター)が発行する『National Health Statistics Report』6月22日号に発表した。



米国の10代の5割以上は未経験


発表によれば、Abma氏らは、2011~2015年にCDCの支援を受け、全米の15~19歳の男女4000人以上の対面調査を実施した。

その結果、「1回以上の性行為の経験がある人」は、男性44%、女性42%。経験がある人のうち、「初めての性行為の相手と交際関係にあった人」は、男性51%、女性の74%だった。

一方、初めての性行為を「会ったばかりの相手」と経験した人は、男性7%、女性2%にすぎなかった。

性行為の経験率は、2002年の調査からはほとんど変わっていないが、29年前の1988年の調査では、「1回以上の性行為の経験がある人」は、男性60%、女性51%だった。


ぶっちゃけ経験人数は何人ですか?(原宿女子編)



初めてのHで不安だったこと



日本の若者の性体験の経験率はどうだろう?

2013年12月、東京都幼・小・中・高心性教育研究会(井口一成会長)は、都内の公立小中高生を対象に『2014年児童・生徒に関する調査』を行った。

対象者の内訳は、小学生1050人(男子541人、女子509人)、中学生2640人(男子1253人、女子1387人)、高校生3192人(男子1477人、女子1715人)。

調査の結果、性体験の経験率は、中1(男子が0.8%、女子が1.0%)、中2(男子が2.2%、女子が1.1%)、中3(男子が6.9%、女子が3.4%) 、高1(男子が11.8%、女子が9.4%) 、高2(男子が21.1%、女子が16.2%) 、高3(男子が27.6%、女子が18.1%)と報告されている。

また、日本性教育協会が行った『青少年の性行動全国調査2011年』によると、性体験の経験率は、中学生(男子が3.8%、女子が4.8%)、高校生(男子が15.0%、女子が23.6%)、大学生(男子が54.4%、女子が46.8%)とするデータがある。


今時の小学生は・・