9630246米南部バージニア州シャーロッツビルで12日、白人極右集会に抗議する人たちの間に自動車が突入し、1人が死亡し19人が負傷した。これに先立ち市内では、極右集会に参加する白人国家主義者たちと、抗議する人たちの間で衝突が相次ぎ、少なくとも15人が負傷した。



米南部の極右集会に抗議、1人死亡 州知事は白人至上主義者に「帰れ」


バージニア州のテリー・マコーリフ知事(民主党)は報道陣を前に、

「今日シャーロッツビルに入ってきた白人至上主義者やナチスに伝えたい。我々のメッセージは単純で簡単だ。『帰れ』。

この偉大な州はお前たちを歓迎しない。恥を知れ。お前たちは愛国者のふりをするが、お前たちは愛国者とは程遠い」、「お前たちは今日、他人を傷つけようとやってきて、実際に人を傷つけた。しかし私のメッセージははっきりしている。我々はお前たちより強い」と非難した。


米・白人優位主義者のデモで激しい衝突 死傷者も(17/08/13)



マイケル・シグナー市長は、極右行進を「憎悪と偏見と人種差別と非寛容の行進」と非難し、死者が出たことに「打ちのめされている」と述べた。

さらに,、「我々はマッカーシー主義も乗り越えた。人種隔離政策も乗り越えた。そして今回のこれも乗り越える」と表明した。
またバージニアに、白人至上主義団体KKKを連想させる燃えるたいまつを持ち込む者たちは「歴史のごみためがふさわしい」と非難した。


テリー・マコーリフ知事


ドナルド・トランプ米大統領も暴力を批判したが、「色々な側(many sides)」の憎悪と暴力を批判するにとどまり、白人至上主義者による暴力と特定しなかったため、一部の共和党議員からも問題視されている。


トランプ氏「大変遺憾」も“白人至上主義”批判せず(17/08/13)