9630870吉田:花屋の知人から伺った話なんですけども、店の目の前にパーキングメーターが設置されていたから来店するお客さんが自転車をそのパーキングメーターの白線枠内へ止めて店内へ入ってくることも時折あるそうなんですね・・



警察も手を出せない。パーキングメーター内にある不都合な「自転車」


交通ジャーナリストの吉田武さん: その店の周辺は歩道路上問わず自転車の放置駐輪が結構多く、定期的にトラックで業者が自転車の撤去作業に来てると。

そこで、パーキングメーターの白線枠内に料金未納ではありますが、自転車を止めて店内でそのお客さんが買い物していたら、パーキングメーターの白線枠内に止まっている自転車だけには手を付けず、歩道や路上に置いている自転車のみをトラックへ放り込んで運び去っていたらしいんです。

1度ならず、今まで3度もそのような状況に遭遇したそうなんですが、もしかしてあのパーキングメーターの白線枠内は大使館のようにクルマやバイクと同じように自転車も”車両”ですから治外法権扱いなんでしょうか?


チェーン切断し放置自転車撤去



現役の警察官Tさん: 厳密に言うとパーキングメーターの白線枠内に軽車両の自転車を60分間、手数料をお支払いして止めたとしても確か大丈夫なはずです。
ですが、そんな奇特な人は少ないと思いますが、一回だけ自転車を駐車していたって人を別の署の人間から笑い話で聞いたことがある程度です(笑)」

吉田:そういえばパーキングメーターの白線枠内って原付バイクなどの自動二輪車も手数料支払えば止められますから、自転車も軽車両という”車両”ですのでお金さえ支払えば止める権利はあるって判断でいいんでしょうか?」

Tさん:まぁバイクが可能ですから自転車だってパーキングメーターに手数料さえ支払えば止める権利はあると私は思います。ただ過去にそのような事例や判例は聞かないので、良し悪しの判断基準はもしかしたらその地区の自治体によって様々かもしれませんけども」


警視庁が全国で初! 最新パーキングメーターを導入



吉田:「パーキングメーターに問題があるのは、クルマだけに制限されていると世間から思われていることです。
知っている人はバイクを駐輪してますが、メーターに書かれている能書きや警視庁のホームページにすら二輪車の使用は記載されていないことです。

僕の考えですと、二輪車は軽くみられているなぁって思うんです。自転車もバイクも。二輪車だとパーキングメーターのセンサーに触れない状態で作動しなかったりする問題があるからだと思いますが、それはメーター自身が古い方式を使っているからであって、駐輪する側にはまったく問題はないと思います。それこそ公安委員会側の怠慢かと」

Tさん:吉田さんのおっしゃるとおりです。パーキングメーターに関しての取り扱いは私たち警察側は関与できないのですが、あの白線枠内から車両がはみ出していたり、60分過ぎても駐車していた場合等があれば駐車違反とかで検挙はできるんですけどねぇ。実は私たちのほうでもパーキングメーターの裏側は知らされていないんです」・・

●詳細はソース


パーキングメーター 59分まで無料でとめても駐車違反にならないって本当?