9633963NASAが打ち上げた探査機「ニュー・ホライズンズ」に搭載されたモノクロ望遠カメラが、冥王星のスプートニク平原を撮影した2015年7月14日の衛星画像の中に、「巨大カタツムリ」、あるいは「巨大ナメクジ」らしき奇怪な物体が写り込んでいたことが分かった・・



冥王星で「巨大カタツムリ」が激写される


驚くべきことに、この巨大カタツムリが冥王星の大地を移動したと見られる痕跡もあり、地球外生命体発見への期待が高まっているという。

問題の画像を見てみると、確かにカタツムリ然とした物体がハッキリと写っている。頭には触覚のようなものも見え、ますます生物っぽさを醸しだしている。




9633963-2


世界最大級のUFO研究団体「MUFON」で画像解析のチーフアナリストを務めるマーク・ダントニオ氏も、今回の発見に興奮している様子だ。


マーク・ダントニオ氏
9633963-1


「ニュー・ホライズンズが前代未聞の光景を我々に見せてくれました。予想すらできなかったイメージです」

「これらのイメージの中にはカタツムリに似た物体も写っています。背中の殻のようなものや頭のようなものまで見えますね。これは実に奇妙です」・・


What Are These "Space Snails" on Pluto?