9650910窓枠や柱(ピラー)のない樹脂製のフロントウインドーを搭載した世界初の市販車が今2017年秋にも日本にお目見えしそうだ。帝人が新素材を開発し、京都市の電気自動車(EV)開発ベンチャー「GLM」が、EVスポーツカー「トミーカイラZZ」の特別仕様車として市販する。



ピラー(柱)ないフロントウインドー車が誕生へ


帝人が新素材「ポリカーボネート(PC)樹脂」製のフロントウインドーを開発し、世界で初めて市販車に搭載することになる。

国土交通省が定めた自動車の保安基準では、これまでPC樹脂を使うことができなかったが、2017年7月から保安基準が改正され、自動車のフロントウインドーは、より高い耐磨耗性を満たせばPC樹脂が認められることになった。

PC樹脂はガラス窓の代替品として注目されているものの、ガラスに比べて「耐磨耗性が低く、窓の開閉やワイパーなどにより、表面が傷つきやすいという課題があった」(帝人)という。


PC樹脂製のピラーレスフロントウィンドウ搭載「トミーカイラZZ」特別仕様車
9650910-1


紫外線で黄色に変色しやすいなどの問題もあったが、帝人は産業機械メーカーとコーティング技術を共同開発し、日本の保安基準だけでなく、欧米の耐磨耗性の基準を満たすことに成功した。

今回のピラーレス・フロントウインドーは、GLMが製造・販売する「トミーカイラZZ」の特別仕様車への採用が決まっている。同社は「公道を走るための国内認証を取得する予定で、今秋を目処に販売する計画だ」としている・・






消えるライン Aピラーの死角 頭文字Dで解説