9652959清宮は高校とプロのどちらを目指すべきか。横浜高校のエースとして甲子園で優勝後にロッテ・オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)に入団、その後中日ドラゴンズに移籍して20年間プロ野球で活躍した愛甲猛氏は「難しい選択だ」と語る・・



清宮幸太郎、プロでは「使えない」可能性…指摘されない「重大な欠点」


「今の彼には、克服しなければならない課題が多い。打撃と守備・走塁のギャップが大きすぎるし、肝心の打撃もアウトコースの対応がうまくない。プロ入りすれば、プロの変化球に慣れるまでに時間がかかるだろうね。

また、現状の守備力ではプロで使えるポジションがない。ファーストしかできないから、どの球団も使い方で悩むと思う。いくら打っても、守りのミスで失点してしまえば帳消しになってしまう。

長いシーズンを戦うプロ野球では、9つのポジションのうちひとつでも穴があるというのは大きなマイナスになる。得点力を高めて勝つのもひとつの戦略だけど、守備力を高めて失点を防ぐというのもひとつの勝ち方だからね。」


清宮幸太郎 今大会2本目のバックスクリーンソロホームラン



「プロ入りした場合に一番怖いのは、2軍で鍛えられる期間が長引いて“2軍ズレ”してしまうこと。

小学校からずっとトップでやってきているから、ハングリーさもあまり感じない。仮に『打つだけ』などと揶揄されたときに、本人が耐えていけるかどうか。ましてや、今はネットで悪口を書かれて、それをマスコミが書き立てる時代だからね」

プロの世界では「外野も守れるし、代走としても使える」などの“プラスアルファ”が必要となるが、今の清宮にはそれがない。


清宮 高校ラストゲーム 進路は‥??



プロのスカウトらから、この点を指摘する声がないのは「スカウトの仕事は目玉選手の獲得であり、下手なことを言って選手や関係者ににらまれても困るから、表向きの評価しかしない。俺がスカウトでも余計なことは言わない」からである。

「どのチームも、経営陣はほしがるだろうけど現場は困るよ。『守りがダメで使えない』となりかねないからね。ましてや、今の野球は打って守って走れる選手が脚光を浴びる時代。清宮は打撃こそAランクだけど、守備・走塁はCランクだね。

仮にプロ入りを表明しても、清宮を指名する球団は思いのほか少ないと思う」・・

●詳細はソース










ノムさん ぼやき”韓国戦の清宮を分析「こういう打撃俺は嫌い」