9655048青山テルマの露出が増加している理由のひとつは、9月6日にリリースしたデビュー10周年アニバーサリーアルバム「10TH DIARY」のPRだ。しかし・・



青山テルマがテレビ露出急増で必死PRも、最新アルバムは964枚の大爆死


しかし、iTunes「J-POP」アルバムランキングでは48位と健闘しているものの、9月18日付けの「オリコン週間アルバムランキングランキング」では、売上枚数964枚で65位。

Amazonの「MUSIC J-POP」カテゴリでも定価3,240円(税込)の通常盤がランキング555位、定価4,104円(税込)の初回盤は829位と苦戦している。


青山テルマ 「10TH DIARY」





そもそもテルマの生み出した曲は、2008年の「そばにいるね」でオリコンシングルランキング1位を獲得して以降、次にリリースした「何度も」以外はすべてトップ10圏外。

2012年リリースの「君に会えるから… 」が180位を記録して以降CDシングルのリリースはなく、デジタルシングルを配信する形を取っている。

2016年4月にミニアルバム「PINK TEARS」を発売しているが、こちらのオリコン最高順位は262位と非常に低く、推定累積売上枚数は324枚だった。


「そばにいるね」



今回アルバム発売を記念したライブツアー「“10TH DIARY” 2017」では、東京、大阪、福岡の大都市のライブハウスでそれぞれ1回ずつ。

アニバーサリーイヤーにしては少々寂しくも感じるが、音楽フェスやイベント、学園祭にも多数出演を予定しているようだ。「そばにいるね」世代に幼児だったであろう現在の若者世代に強くアプローチをかけていくのだろう・・



関連リンク: 【動画】 青山テルマ、あの大人気女優をガン無視して女性から称賛の声ww

(スッキリ)青山テルマデビュー10周年