9673441今回は、この秋に惜しまれながら去った人、惜しまれずに去った人という目線から「卒業」事情を見ていきたい。 惜しまれる1人が、日本テレビ・水ト麻美アナウンサー・・



テレビ番組を“惜しまれて”去ったタレントと「誰も引き止めず」去った3人


業界関係者 「『ヒルナンデス!』は現在、裏の『バイキング』の猛追で苦境が続いている。そんな中、“番組の顔”だった彼女の降板は、上層部からの命令とはいえ視聴者だけではなくスタッフにとっても痛い事件でした。

彼女の最終日である9月29日には盛大な送別会が開かれたそうです」


みとちゃんヒルナンデス卒業!最後の言葉!



だが、それ以上に残念だという意見が上がったのが、『王様のブランチ』(TBS系)で10年半リポーターを務めてきた鈴木あきえの卒業だ。

芸能ライター 「2014年、はしのえみが卒業してからは『ブランチ』の最古参メンバーとして視聴者から親しまれてきました。
ただ今年3月、結婚を機に(実際に入籍したのは6月)ステップアップしたいという思いから降板を申し出たものの、慰留され、半年間続けてきたそうです。

最終日のオンエアは終始涙目でしたが、2日後の『ひるブラ』(NHK)では、元気にレポートをしていましたよ」


鈴木あきえ王様のブランチ卒業

 

一方、降板したものの特に哀惜の声もあがらないどころか、むしろ視聴者からせいせいしたと言われているタレントもいる。その1人が菊川怜だ。

ワイドショースタッフ 「この6年間、彼女は何をしてきたんだろうというのが率直な感想です。結局菊川は、小倉の番組中の物議を醸す発言の『防波堤』『風よけ』みたいなものだったのでは。

つまり個性はいらなかったと考えれば、彼女には悪いが、菊川怜で良かったのかなと思いますし、よく6年ももったなという気がします」


菊川玲、とくダネ!を卒業!涙のご挨拶



さらに、『ユアタイム』(フジテレビ系)のキャスター・市川紗椰は番組打ち切りと同時にこっそり姿を消した。

また、小堺一機も、まったくニュースにならない1人だ。『ごきげんよう』が打ち切られたものの、フジの温情で翌4月から土曜夕方の枠で『かたらふ』というトーク番組を任されていた。だがその番組も先日、1年半でひっそりと終えた。


「ユアタイム」最終回 市川紗椰



さて、一度退場したものの、しぶとく残っているのがモデルのマギーだ。先日『バズリズム』の終了が発表されたが、なんと30分時間を繰り下げた深夜1時から『バズリズム02』として、リニューアルスタート。もちろんマギーも続投だ。
 
「マギーが降板したいと自ら申し出れば誰も引き留める者もいないでしょうが、一方、番組への影響も考え、また後任の人選にはいろいろ悩むはず。それであれば、不倫には触れずシレッと出てもらうほうが得策だと考えたのでしょう」・・








関連リンク: 【動画】 水卜麻美アナ「スッキリ」初登場! 悪夢で眠れぬまま出演「朝ごはん摂らないなんて・・」

バズリズム