9675815逮捕された男が、事故の1カ月前にも山口県下関市の一般道で、3台の車に同様の妨害行為をしていたことが、捜査関係者への取材でわかった。短期間に繰り返された点を県警は重視し、詳しく調べている。



1カ月前も3台に走行妨害 東名夫婦死亡事故の容疑者


捜査関係者によると、事故の1カ月近く前の5月8日夜、石橋容疑者は下関市の一般道で運転中、時速約10キロまで急に減速。

追い越した車にクラクションを鳴らすなどし、進路をふさいで停車させ、窓をたたいたという。


話題となっている 東名高速の夫婦死亡事故



翌9日未明には、ゆっくり走行している際に追い越そうとした車の進路を2回妨害して停止させ、運転席のドアを3回蹴った。

同日早朝にも、追い越そうとした車の方へ自分の車を寄せて衝突。手前の信号で青に変わっても10秒ほど発車せず、その後も遅めの速度で走行していたという。


石橋容疑者 1カ月前も3台に走行妨害をしていた
9675815-1


県警は、いずれも石橋容疑者がきっかけをつくって追い越しを誘った可能性もあるとみて、6月の事故と共通点がないか解明を進めている。


石橋和歩容疑者 テレビ局にうその証言











関連リンク: 東名高速死亡事故の容疑者の素顔、知人の証言に驚き 「当たり屋もしていた」「年に2回ほど事故」