9679668番組に出演した俳優のムロツヨシが会いたい人としてカルロス・ポンセの名前を挙げて、小学生の時から大ファンだったことや、自身のラジオ番組でもポンセが現在、何をしているのかと調べ上げたところ・・



ポンセが現在、何をしているのかと調べ上げたところ、ポンセが「ちょっと前までアメリカでトラック運転手をしていた」ことが分かったと説明。

さらに「ポンセ、ポンセ、打て場外へ」と当時の応援歌を口ずさむと、いきなり本人がサプライズ登場。

「マリオ」の愛称で親しまれたトレードマークの口ひげもほぼ白くなったポンセは、ムロへ当時の「PONCE」と書かれたユニホームの下だけをプレゼントし、「きょうここに来られたのはムロさんのおかげ」と笑顔を見せていた。


横浜大洋ホエールズで活躍した カルロス・ポンセさん




1986年から5年間、横浜大洋ホエールズで活躍したカルロス・ポンセ内野手。

ポンセは来日1年目から打率・322、27本塁打、105打点をマーク。この年は阪神のランディ・バースが打率・389、47本塁打、109打点と2年連続の三冠王を獲得したため、ポンセはタイトルに手が届かなかったが、87年には打点王、88年には本塁打と打点のタイトルを獲得した・・












(source: デイリースポーツ - 横浜大洋OBのポンセ トラック運転手していた 番組共演のムロツヨシが明かす

ムロツヨシがずっと会いたかった人、カルロス・ポンセと再会