96972171998年、マーク・マグワイア氏と本塁打王争いを繰り広げた大打者、サミー・ソーサ氏のことを覚えているだろうか。敗れはしたものの、年間66本という大記録を残した。当時は日本でも、ドミニカ出身の黒い肌、精悍な表情が、連日のようにニュースをにぎわせた。しかし・・



えっ、これがあのサミー・ソーサ!? 黒かった肌が...まるで「白人」に


そのソーサ氏が、「まったく別人」としか思えない変貌を遂げた――海外メディアで、そんな話題が持ち上がっている。

「綺麗なジャイアンみたいになっとる」
「最初の方がかっこええやん...」
「別人やろ」

日本の2ちゃんねらーたちもこう驚くのは、2017年11月初旬からツイッターなどで拡散されている一枚の写真だ。


●問題のツイート


「サミー・ソーサの白い肌にツイッター(また)パニック」
「メジャーリーグのレジェンド、さらに明るい肌になってファン仰天」
「サミー・ソーサ、マイケル・ジャクソンのように美白か?」

写真は遭遇した人物が、SNSに投稿したものとみられる。海外メディアも上のような見出しでこぞって取り上げた。






その「変貌」は、以前から米国のメディアを騒がせている。

米ニューズウィークによればソーサ氏は、過去のテレビ番組では毎晩寝る前につけている「スキンケアクリーム」のせいだと説明、あくまで「肌を柔らかく」するために使っており、結果的に「美白」効果が出ただけだ、などと述べたという・・






Sammy Sosa Gets ROASTED on Twitter for Bleaching His Skin