9714289お笑いコンビ「とろサーモン」が悲願の優勝を果たし、第13代王者に輝いた3日の漫才日本一決定戦「M―1グランプリ2017」は関東地区が平均15・4%、関西地区が平均24・0%と高視聴率をマークしたことが4日、ビデオリサーチの調べで分かった。



「M―1グランプリ2017」は関東地区が平均15・4%、関西地区が平均24・0%と高視聴率をマークしたことが4日、ビデオリサーチの調べで分かった。

昨年(12月4日)の視聴率は関東地区13・5%、関西地区23・8%。ともに昨年の数字を上回った。

瞬間最高視聴率は関東地区が午後10時00分の21・7%、関西地区も午後10時00分で34・6%。優勝が決まるファイナルジャッジの直前だった。

これも昨年の関東18・5%、関西32・9%を上回った。


●【最終審査】M-1グランプリ2017



とろサーモンは出場資格最後の結成15年。ラストチャンスにかけた。敗者復活組を含め、10組が競った決勝1回戦は3位で通過。

3組による最終決戦では、暴走する石焼き芋屋さんのネタで、7人の審査員による投票で4票を獲得。1回戦1位「和牛」、同2位「ミキ」を逆転した。

(source: スポニチ - とろサーモンが悲願V「M―1」高視聴率 関東15・4%、関西24・0% ともに昨年上回る


●M-1 グランプリ 最終決勝 とろサーモン





























関連リンク: M-1王者に「とろサーモン」 ドラマ版「火花」を思い出し感動する視聴者が続出

●とろサーモン「めざましテレビ」生出演! 漫才の優勝ネタを生披露