9715208彼の“隠し子”を産んだ女性のインタビューが、「週刊文春」に掲載された。宮根は別の女性と結婚していることを隠してその女性と交際し、彼女から妊娠が伝えられた4日後に「実は結婚している」と打ち明けたというが、これが事実なら、あまりに不誠実。しかし・・



『ミヤネ屋』宮根誠司“隠し子騒動”テレビ完全NGの舞台裏 フジも「本来ならトップでやりたいが……」


ただ、周知の通り、宮根はテレビ界に強い力を持つ芸能プロ「バーニングプロダクション」の系列である「テイクオフ」所属で、羽鳥慎一らとともに、かなり強く守られているタレントだ。各テレビ局には、遅くとも文春発売前日29日の昼頃までには「取り扱いNG」の通達が流れていたのである。

「こういう取り扱いを決めるのは各局の芸能デスクですが、ウチの番組では、29日の早い時点でNGがありました」

こう話すのは、フジテレビの情報番組ディレクターだ。他局の恥となる話だけに「本来は取り扱いたかった」という。

「スタッフ間では『NGが出なかったら、トップでやりたいよね』と話していたところでしたからね。ちょうど日馬富士の暴行問題が、引退会見も終わって注目度が下がり気味なので、その代わりにやりたいネタだったんです。でも、『1秒も触れるな』ということでした」


●「週刊文春」 宮根誠司氏の隠し子を産んだ女性にインタビュー



今回、「週刊文春」で女性がマスコミに打ち明けたのは「最近、ある事実を知って、彼のことをどうしても許せなくなった」からだという。それは、宮根の妻が女性の父親を呼び出し、問題が表になったことについて文句を言ったからのようだ。

ただ、発売当日の『ミヤネ屋』は、この件について一切触れず、事務所サイドからテレビ局にNG通達があったのと足並みを揃えて「存在していない話」としてしまった・・










●宮根誠司 新人アナ時代秘蔵映像公開