9742871貴ノ岩が被害者となった肝心の「暴行事件」について、貴乃花親方の報告書には驚くべき記述がある・・



協会が“抹殺”しようとした「貴乃花報告書」の驚くべき内容


「暴行を続ける日馬富士がアイスピックを持った時にようやく白鵬が止めに入った、と書かれているのです」

と、先の支援者が明かす。

「誰だって、ケンカの最中に人が包丁を持ち出してきたら止めるでしょう。それは当たり前のことで、白鵬の行為は“暴行を制止した”とは言えない。だからこそ貴ノ岩は“誰も止めてくれなかった”と感じているわけです」

相撲協会の最終報告書にもアイスピックは登場するが、“持ち出した事実は認められなかった”とされている。前出の貴乃花親方のタニマチによれば、

「私は12月19日の時点で、親方からアイスピックについて聞いていました。“日馬富士はカラオケのリモコンで貴ノ岩を殴っていたが、それが途中で手から落ちてしまった。で、興奮状態にあった日馬富士は近くにあったアイスピックを握りしめた”と……」

では、貴乃花親方がこのタニマチに「告白」した事件の全貌とは如何なるものなのか・・

●詳細はソース


●坂上忍「とくダネ」生出演 貴乃花親方の処分や高野委員長の会見に不満爆発













関連リンク: 貴乃花親方、新たな相撲団体を設立か ネットテレビと提携する経営プランも

●北村弁護士、グッディ生放送で相撲協会、横審に対し吠えまくる