9743760「礼を欠いていた」という貴乃花親方に対する発言などが物議を醸した池坊議長。「今では使われないような言葉だから、それが若い方の反発をずいぶん呼んだみたいですけどね」と自身で分析しているが、現在、批判の嵐にさらされているといい、「本当にひどくて・・」



池坊議長、批判の嵐で取材封印を宣言 「一切、取材には応じません」


池坊保子議長は、「本当にひどくて、誠心誠意お答えしてもね、もう自分で悪口を書きたいって思ってらっしゃるから、もうそんなの関係なく悪口をお書きになるんですよね。それはとっても私は傷つきます」と苦しい胸の内を吐露。

好きなイヤリングをしていると、長女が「そんなものつけないほうがいいわよ」と過剰に心配してくるなど、家族にも心労をかけてしまっている状況だという。


●坂上忍、池坊保子氏の「礼を欠いている」発言を批判



そのため、池坊議長は「もう私、テレビに出るのはこれが本当に最後」と宣言。

「あることないことどころかね、ないことないこと、いろいろと過去のことをほじくったりされて、本当に家族にも迷惑をかけます」と決断の理由を説明した上で、

「ここでちょっと今日はお話して、もうこれから一切、携帯番号も変えて、取材には応じません」と、今回を最後にメディアの取材は一切受けないことを念押しした・・


●日馬富士擁護でもはや何を言ってるのかワケの分からない池坊保子















関連リンク: 「日馬富士はアイスピックを握りしめ・・」 相撲協会が抹殺しようとした「貴乃花報告書」の内容に衝撃

●池坊保子、バッシングに凹んでいた事を「グッディ」で告白