9757946フォルクスワーゲン(VW)などドイツ自動車大手3社がディーゼル車の排ガスを人やサルに吸わせる実験に出資していた問題で、独大衆紙ビルト(Bild)は31日、サルへの健康被害が予想より大きかったことから、VWが実験結果の隠蔽を試みていたと報じた。



サル排ガス実験の「壊滅的」な結果、VWが隠蔽か


問題の実験は、VWのディーゼル車「ビートル(Beetle)」の排ガスが米フォード・モーター(Ford Motor)のピックアップトラック旧モデルよりも健康への害が低いこと示す目的で、サル10匹を対象に行われた。

だが同紙によると、その結果が「あまりにも壊滅的」だったために「公表しないもの」とされた。


●話題となっている ドイツ自動車大手の排ガス実験


人やサルを対象とした排ガス吸引実験は、VW、ダイムラー(Daimler)、BMWの3社が出資していた研究団体「運輸部門における環境と健康に関する欧州研究グループ(EUGT)」(現在は解散)の委託で行われていたもので、その存在が明らかになると非難の嵐が巻き起こった・・


9757946-1












●独大手自動車出資の研究機関 人やサルで排ガス実験