9765111佐賀県神埼(かんざき)市での自衛隊ヘリ墜落事故で、家を失った住人がネット上で罵声を浴びている。沖縄で相次ぐ米軍ヘリの不時着や部品落下の事故では「それで何人死んだんだ!」と国会でやじが飛んだ。



ヘリ墜落事故:被害者に暴言、想像力欠き冷酷


自衛隊ヘリが墜落した際、家に一人でいた女児(11)は軽傷で奇跡的に難を逃れた。翌日、父の「許せないですよね」というコメントが新聞で報じられると、ツイッター上に非難の投稿があふれた。

 <何様? 墜落して亡くなった隊員の事考えねーのかよ>

 <わざと落ちた訳じゃないし、許せないの意味が分からん>

 <死ななかっただけいいじゃないか>


●話題となっている 自衛隊ヘリ墜落事故





国会でのやじの主は松本文明副内閣相。1月25日、衆院本会議で共産党の質問の最中だった。松本氏は翌日、安倍晋三首相に「誤解を招いた」と陳謝し、副内閣相を辞任した。松本氏の事務所は取材に「コメントすることはない」としている。

やじは、裏返せば「誰も死んでおらず問題ではない」と受け取れる。

「救いようがない。その冷酷さは政治家の失言史に残る」と評するのは、政治評論家の森田実さんだ・・

●詳細はソース














●ローターの部品が割れた可能性 陸自ヘリ墜落 佐賀