9770283フィギュアスケート男子の宇野昌磨(トヨタ自動車)の心の支えは、四つ下の弟・樹(いつき)さん(16)だ。いま、名古屋市内の実家近くに部屋を借りて2人で暮らす。「あまり人と接しない」という宇野が、心を許せる相手だ・・



「一緒にいると落ち着く」宇野昌磨の心の支えは正反対の弟 モデルこなす生徒会役員


昌磨が高校生の頃まで、試合にはいつも樹さんがついていった。試合では衣装を着る直前までそばにいて、ウォーミングアップも一緒にやる。
試合会場のロビーでゴム製のボールでキャッチボールをしたり、サッカーをしたりするのがルーティンだった。昌磨がボールを樹さんの体に当てたり、変な方向に投げたりしてからかうことで、緊張がほぐれた。

いまでも樹さんが海外の試合についていくこともある。日本よりも時間が多く取れる海外では、樹さんは貴重な遊び相手だ。インターナショナルスクールに通う樹さんが現地で通訳を兼ねることも。
「言葉を交わさなくても、昌磨がどんなことを考えているのかがわかる」と樹さん。スケートの話はほとんどしない。昌磨も「一緒にいると落ち着く」と話す。


●宇野昌磨のイケメン弟宇野樹がテレビ初出演



小さい頃から面倒見の良い兄だった。生まれたばかりの弟を、4歳の兄がお風呂に入れたり、あやしたり。練習する以外は、どこへ行くにも一緒だった。2年前に樹さんがひざの手術で入院したときも、昌磨がベッド横に座って付き添った。

性格は正反対だ。引っ込み思案で人見知りな兄と、社交的で学校では生徒会役員を務める弟。弟は同じスケートリンクでアイスホッケーにのめり込んだ。いまはフィールドホッケーをやり、モデルもこなす・・


●銀メダル確定直後の宇野昌磨選手











●宇野昌磨の仲良し弟が明かす*昌磨のパワーの源は『肉・肉・肉』