9774544格闘技のK-1を運営する株式会社M-1スポーツメディアが23日夜に「小比類巻貴之氏らの不正行為等についてのご報告」と題する文書をマスコミに発表した・・





元キックボクシング世界王者の小比類巻貴之氏(40)は、魔裟斗(38)の好敵手として活躍した人気選手で、一線を退いてからは小比類巻道場を設立し後進の指導にあたっている。


●小比類巻貴之氏



M-1スポーツメディアの発表は以下の通り(一部抜粋)。

 当社の運営するK-1ジム恵比寿において、当社が運営を委託していた株式会社フォルザジャパン(代表取締役小比類巻貴之氏)及び小比類巻貴之氏(以下、これらを併せて「小比類巻氏ら」といいます。)による、当社の売上金等を横領する等の重大なコンプライアンス違反が発覚しました。

 当社は、複数の内部告発を受け、直ちに外部の弁護士を交えて事実関係を調査の上、平成30年1月24日付で、小比類巻氏らとのK-1ジム恵比寿及びK-1ジム福岡店に関する業務委託契約を含む一切の契約を解除いたしましたので、その旨をお知らせいたします。

 本件については、これまで被害金額の精査や捜査当局との協議のため、公表を差し控えておりましたことをご理解いただければ幸いです。なお、小比類巻氏も、本件に関して大筋で事実関係を認めております。

 当社は、既に、警察に対し、業務上横領罪(刑法第253条)等での刑事告訴の手続を進めており、今後も警察の捜査に対し全面的に協力してまいります。

 また、所属選手らから、小比類巻氏らとの間の金銭トラブルに関する苦情も寄せられていることから、これらの法的問題も含め、代理人弁護士間での協議を通じて本件の解決を図ってまいる所存です。


(source: スポーツ報知 - K-1が「小比類巻貴之氏らの不正行為等について」の文書発表


●小比類巻貴之氏 小比類巻道場を設立















●〈テクニカルクラス〉小比類巻貴之が直接指導