9784721「もう未明に起きなくて大丈夫です」。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が5日に平壌で行った韓国特使との会談で弾道ミサイルの発射凍結を表明した際、冗談めかして文在寅大統領を気遣う発言をしていたことが分かった。韓国大統領府高官が9日、明らかにした。



「もう未明に起きなくて大丈夫です」


北朝鮮は昨年11月末まで、深夜や早朝を問わず、繰り返し弾道ミサイルを発射。文大統領は未明などに国家安全保障会議(NSC)を開き、対応してきた。

金委員長は特使に、「わが国がミサイルを発射し、大統領が未明にNSCを開催したため、ご苦労をおかけしました。きょう決心したので、もう文大統領は未明に起きなくて大丈夫です」と発言した。

南北が一致した首脳間のホットライン設置についても「これで実務的な対話が行き詰まっても、大統領と私が直通電話で話せば簡単に解決されます」と述べ、笑顔を見せたという・・


●本気度示した?金正恩氏自ら異例歓待 妻や妹も同席(18/03/06)










●北朝鮮から会談申し入れ 背景は、金委員長の狙いは(18/03/09)









●トランプ氏「5月までに会う」 米朝首脳会談要請に(18/03/09)