9812321馬場アナおすすめの串焼き店で「事前に苦手だと伝えていたはずのレバーが収録で出てきた」という設定でスタッフを怒り始めたブルゾンは、いつものクールなメイクがまさに鬼の形相に見えるほどの迫真の演技を・・



ブルゾンちえみ、ドッキリ仕掛け人で迫真の演技 まさかの涙も


with Bのふたりにも「私が苦手なの知ってるんだから率先して食べるとかさ、そういうの考えてやって!」と激昂するブルゾンに、恐縮しきりの馬場アナがおろおろと謝罪することとなった。

ふたりはその後、微妙なムードのまま馬場アナの自宅へ移動。ここでのドッキリは、馬場アナの両親からの手紙をブルゾンが読み上げるというサプライズ。




「人生に無駄なことなどひとつもないのですから…」と愛する娘への心のこもった内容の手紙だったが、仕掛け人であるブルゾンは、読み上げていくうちに感動したのかボロボロと大粒の涙を。

「つられました…」と言い訳しながら涙をぬぐう先程までと別人のようなブルゾンに「めっちゃ良い人じゃないですか!」と馬場アナも一安心。最後にはふたりで泣きじゃくることとなった・・


9812321-1