22昨年ベストセラーとなったホンダ「N-BOX」の場合、1番安いグレードで131万5440円。しかし実際に購入されている多くのグレードは、電動スライドドアなどに代表される便利装備や、自動ブレーキやサイド&カーテンエアバッグといった安全装備が付くモデルで、車両価格は軽く200万円に迫ってしまいます・・



軽自動車でも200万円時代が到来!? 「N-BOX」なぜ高くてもイチバン売れる?


「売れ筋軽自動車>普通車」という車両価格の逆転現象について、ホンダの国内販売担当部門に聞いてみると理由は簡単ではないようです。

前出のホンダ関係者は、「お買い求めになるユーザーのリクエストに答えていくと、どうしても価格が高くなってしまいます」。

確かに「N-BOX」を見ると、そもそも通常のヒンジドアでなく、原価の高いスライド式。加えて海外ならVIPカーの装備である電動開閉機能をユーザーは求め、手動開閉式のドアはまったく人気がないようです。


・ホンダ N-BOX



シートも一昔前なら軽自動車はビニールでも良かったはずですが、今ではベーシックなグレードですら上質のモケットを採用。同じく様々な部分に鉄板が見えていたインテリアは、今やフルトリム化されています。

最近のユーザーは「軽自動車に最上級モデルの仕様を求める」というのです。これらの要望を加えていくと「N-BOX」の131万5440円というスターティングプライスになるのも納得できます。

興味深いことに最近の販売状況を見ていると、78万円で買える「ミラ・イース」より、快適や安全装備をフルにつけると200万円近い「N-BOX」の売れ行きの方が圧倒的に良い。当然ながら自動車メーカーもユーザーのニーズにあったゴージャスなクルマを作るため、結果的に軽自動車の価格はドンドン上がっていくということになるのです。

・詳細はソース


・N-BOX Custom「最高のクオリティー」篇



















・新型 Honda N-BOXは買いか!? 旧型オーナーが真価と進化を見た!!