9833622「おふたりともかなりのご高齢ですからね。寿美さんも今はかなり衰弱されているようです」(芸能プロ関係者)
寿美さんとは、高島忠夫の妻・寿美花代のことだ。87歳と86歳の夫婦は、現在ふたりとも身辺の世話が必要な状態になっているという・・



高嶋政伸が語った「壮絶介護」高島忠夫・寿美花代の今


「高島さんはすでに介護施設に入っているという噂もあります。自宅には寿美さんがおひとりで住んでいて、自宅介護の状態なんだとか……」

'13年に『カスペ!』(フジテレビ系)で、日常生活もままならない夫を寿美が懸命に支える“老老介護”の姿がドキュメンタリー番組として放送された。それから5年が過ぎ、寿美も介護される側になってしまったというのだ。

「この番組は、やせ細った高島さんが弱々しい姿をカメラの前にさらしたことで話題に。会話中に眠り込んでしまうひと幕もあり、生々しい映像でした。当時82歳だった高島さんを支える寿美さんも81歳で、社会問題となっていた“老老介護”の実態を明らかにしたことで大きな反響を呼びました」(テレビ誌ライター)

高島夫妻は芸能界きってのおしどり夫婦として知られていた。'63年に結婚して以来、ふたりそろってのテレビ番組出演も多くなっていく。

「'71年からは、料理番組『ごちそうさま』(日本テレビ系)に夫婦で出演。'98年まで続く長寿番組となり、ほのぼのとしたやりとりで仲のよさを見せていました」(スポーツ紙記者)

'65年に政宏、'66年に政伸が誕生し、2人とも俳優の道へ。笑顔に包まれた高島ファミリーというイメージが定着していった。


・高島忠夫さん



・寿美花代さん



「ですが、高島さんは暴飲暴食がたたって糖尿病に。'98年には重いうつ病になり、25年続いた『ゴールデン洋画劇場』(フジテレビ系)の解説も降板して治療に専念しました」(同・スポーツ紙記者)

'07年には本格的に復帰を果たすが、パーキンソン病が追い打ちをかける。芸能活動を続けることはできず、表舞台から姿を消す。'10年には不整脈により心臓にペースメーカーを取りつける手術を受けた。

「寿美さんは献身的に高島さんの世話を続けました。足元がおぼつかない夫を支えてリハビリをアシストし、インスリン注射の手助けまでされています」(前出・芸能プロ関係者)

'05年には、長男の政宏が女優のシルビア・グラブと結婚。'15年になると、次男の政伸が14歳年下の一般女性と再婚してようやく明るい話題がもたらされたが、結婚式や披露宴は行われなかった。父母ともに、出席できる状態ではなかったからだ。

「政伸さんがもともと繊細なタイプなので、仕事への責任感から精神的に不安定になることも。両親と同居して介護しようとも考えたといいますが、自分も医者の支えを必要とする状態では難しい。高島さんと寿美さんの世話は、ヘルパーさんが見るしかなかったようですね」(前出・スポーツ紙記者)・・

・詳細はソース






・高島忠夫さん