9835120名古屋市が名古屋城の新しい天守閣にエレベーターを設置しない方針を示したことについて、愛知県の障害者団体は、16日、「弱い立場の意見を無視した人権侵害・差別だ」として、近く、文化庁に工事を許可しないよう要望する意向を明らかにしました・・



名古屋城の新しい天守閣について、名古屋市は忠実な復元を優先させるため、エレベーターは設置せず、ロボット技術で階段を上り降りするなど、新たな技術を開発して対応する方針を示しています。

これについて、県内の障害者団体でつくる愛知障害フォーラムが、16日、記者会見を開き、「多様な社会の実現が求められるなか、エレベーターを設置しないという考え方はあまりに一方的で、弱い立場の意見を無視した人権侵害・差別であり、到底承服できない」とする声明を発表しました。


・名古屋城「天守閣」が閉鎖 2022年に木造で復元へ



その上で、愛知障害フォーラムの辻直哉事務局長は、近く、文化庁に対し、復元工事を許可しないよう、要望する意向を明らかにしました。

一方、名古屋市の河村市長は記者団に対し、「新たな技術は、今すぐ出てくるものではないが確実に開発できる。障害者の人にも絶対に喜んでもらえるものになる」と述べました・・

(source: NHKオンライン - “エレベーター無しは人権侵害”


・名城新天守エレベーター問題 賛否の中「エレベーター無し」を結論に















・古屋城新天守「エレベーターなし」方針は「極めて重大な事案」大村知事