9841550その多くが有料で300~500円が相場。頼んでないのに出てくるし、前日の「残り物」感いっぱいの品も珍しくはない。訪日外国人旅行客が増えている昨今、海外のチップとは異なる日本の商習慣である「お通し代」を巡り、店と外国人とのトラブルも発生しているという・・



 お通し代に法的な根拠はあるのか?  お通しの提供を断ったり、代金の支払いを拒むことはできるのか。理崎智英弁護士に尋ねた。

 「ケース・バイ・ケースです。お通しがある旨を入店時に店員から説明されたり、店前の看板・メニューなどに見やすく記載されていれば、代金は支払わなければなりません。了解のうえで入店したとみなされ、お通しの提供について店と“契約”が成立するからです」

 民法で言う「契約」が成立するには、「申込みと承諾」が必要だ。居酒屋などの飲食店では客が注文(申込み)をして、店側がそれを「承りました」と返し、飲食物を提供することで取引が成立する。

 「電話予約時やウェブ予約などで事前にお通しの説明・告知等があれば、入店と同時にお通しを注文したことになります。でも、事前の説明・告知がなければ契約成立の条件が整っていないので、お通しが出てきても提供を拒否できますし、代金支払いも拒めます」(同)

 理崎氏は学生時代に居酒屋に行ったとき、「お金に余裕がなかったので、いつもお通しカットを店側に伝えていた」と言う。最近は外国人客に「説明が難しい」ため、「お通しカットOK」の店や「お通しのない店」も増えている。


・「お通し」は必要?


 では、「お通しがある」との記載を見落として入店し、出てきたお通しについ箸をつけてしまった場合はどうか? 

 「その場合は代金を支払わないといけないでしょうね。例えば、頼んでない料理が間違って運ばれてきて、それを食べてしまったら支払いの義務が生じるのと同じです」(同)

 注文と違うメニューが出てきた場合、注文したものと全く種類の違うものなら、客も違いが認識できるため、食べれば故意あるいは重大な過失ありとみなされ、代金を払わなければならない。しかし、注文の品とよく似ていて、簡単に判別できなかったら、代金を全く支払わないか、注文したものの代金のみ払えばいいという。例えば、安い日本酒を頼んだのに高い大吟醸が届き、それを飲んでしまっても、「同じ無色透明で見分けられなかったということで、安い日本酒の代金を支払えばいい」(同)。

 お通し同様に、サービス料も仕組みがややこしい。だが、これもやはり店側から事前の“告知”があったうえで入店し、着席すれば“契約成立”となる。よって、「お通しがまずくても払わなくてはならないのと同じで、たとえサービスが悪くても払わなくてはなりません」(同)。

 店員に誤って飲食物をこぼされ客の衣服が汚れた場合でも、サービス料は払わなくてはならない。「その代わり客は、別に店側にクリーニング代等を請求できます」・・

・詳細は(source: プレジデントオンライン - "お通し代"の支払いを拒んだらどうなるか


・居酒屋の「お通し」いる?いらない?大論争



・この記事へのコメント

・昔は、大手居酒屋チェーンで良くお通し代として300〜500円程取っていましたが、だんだん減って来てますよね。
ただ、少し前に蕎麦を使った、お通しを出された時、同僚が蕎麦アレルギーなので店員に別のに変えて貰えますか?
と、お願いをしたら店長が出て来て、変えれませんが、お代は頂きます。
と言われた時は、ドン引きした…
二度と、その店は使わないと決めましたが、お金を取るなら、店側も工夫しないと思う。

・出すのは問題無いと思う。
ただよく大手チェーン店は枝豆や普通の豆や冷奴しかも1/4個など簡単でても加えて無い出来物で300とか500円は無いよな。

・払うことに対して異は唱えた事はないが、せめて店で作った簡単なアテを出して欲しい。
随分前だが、当時の大手チェーン店で人数分のお通し代を取っておきながら「おっとっと」を箱の半分程度しか入って無いカゴを出された事がある。

・以前モーリーが語っていたけれど、外国人客が増えているのに対応するために店も表現を変えればいいと。
お通し代といえば頼んでもいないのにとトラブルになるから、テーブルチャージをもらいますと最初に明記しておいて、別途これは無料のサービスですと添えてお通しを提供する。
そうすれば外国人は文句は言わずにチャージ代として料金を支払うし、さらに無料のサービスと言われれば喜ぶよって。
なるほどねと思った。

・残念なお通しが多いですよね。
以前行った店では、数種類の
中から好きなお通しを選ぶ事が
できるってのがありました。
お通し自体に文句はありませんが
店側も工夫して欲しいものです。

・料金については席料とか、入店料という意味合いでしょうか。

お通しの美味しい店はテンション上がってたくさん飲んだり食べてしまいます。
腕の見せ所だと思う。
また、反対に日本酒とともに出てきたお通しが塩味のポップコーンだったときは、こんなもので日本酒飲ませようという料理長の味覚センスが合わずにすぐに店を出た。

・いろんな場所で飲み歩いていたけど
そういえばお通し代いくらって文言を見たことは少ないかもしれない、、
一昔前ならそれでも良かったけど
今はこうしてお通しがいるのかいらないのかって
意見いいやすくなってもいるし、
お店によっては「とりあえず」ってメニューで簡単なメニューが取り揃えてある店もあるぐらいなんだから
お通しがない店もあってもいいと思う

・今の時代、お通しやチャージ代、時価など
分かりにくいのはそろそろやめた方がいい。

・私はお通しいらない派だが、店側も客を選ぶ権利はあるので、そのルールに了承出来ないのであれば、退店してくれと言われた場合、従わざるを得ない。
険悪なムードになってまで、その店で飲みたいと思わんし、それでも店側に文句を言うのは迷惑な客でしかない。
ただ、表示も告知も無いのに1人数百円も取るのはどうかと思う。
酷い店は子供の分までお通し代を取ります。

・お通しって、お店とお客のコミュニケーションツールだと思ってました。
初めて行ったお店では、お店の力量や心配りがある程度で計れるので長めに飲むか、早めに切り上げるかの目安にしてます。
適当に乾きものや、やたらに高いお通しが出るお店には行きません。


・外国人が見る日本の居酒屋