9845454テレビ朝日が1日、人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の野原しんのすけ役の矢島晶子が番組を降板することを発表した・・



6月29日の放送を最後に、番組を降板する。本人から「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなり、キャラクターの声を作る作業に意識が集中して、役としての自然な表現がしづらくなった」と降板の申し出があったという。

矢島は1992年4月13日の番組放送開始から26年3カ月、しんのすけの声を担当。7月以降のしんのすけ役については現在調整中で、決まり次第発表される予定。


・クレヨンしんちゃん 野原しんのすけ役の矢島晶子さん



同局は「これまで『クレヨンしんちゃん』に生き生きとした、大変魅力あるキャラクター性を吹き込んで頂き、長きにわたって作品を支え続けて頂いた矢島晶子さんの多大なる功績に、番組関係者一同、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました」とコメントを発表した。

矢島は昨年のスポニチアネックスのインタビューに対し、「ここまで作ってくると、結構疲れてきますよ」と心情を吐露。
テレビアニメでは週に1回、アフレコをするが、収録後は確実に声が荒れてしまうため、直後は別作品の女の子役のオファーが来ても「多分汚い声だから無理かもしれません」と断らざるをえない現状を明かしていた。



(source: スポニチアネックス - アニメ「クレヨンしんちゃん」しんのすけ役・矢島晶子が降板 本人から申し出


・矢島晶子さん



・この記事へのコメント



・声がハマってなかったらこんなに人気にはならなかったと思う。
お疲れ様でした。

・あ~また一時代が終わってしまう。
寂しい。
お疲れさまでした。

・代役が決まってもしばらくは違和感があるだろうね。

・近年は声優交代のニュースが多いね
長寿アニメってのもある意味大変だ

・アニメーションの主役の声が変わると、作品として全く別のものになってしまう印象がありますね。

ドラえもんの例でもそうですが、
長年愛され続けた声から新しい声優さんに変更して慣れるまで何年も掛かるかもしれませんね。

・お疲れさまでした。
けど、同じ声質の人を探すのかな? 変わるとイメージも変わっちゃうよね。サザエさん(波平とか)でも似てはいるけど、未だに違和感がある。


・矢島晶子さん