9847922西城秀樹さん(享年63)の葬儀(先月25~26日)で配られた記念品がオークションサイトに大量出品されていた問題で、葬儀場から品物を持ち帰って出品していたとされる“黒幕”A氏を直撃した・・



常識的に記念品は、来場者が1つだけもらえるものだが、その場に居合わせた弔問客らは「ある男性が大量に持ち出していたのを見た」と証言する。フジテレビのニュース番組が記念品を売買していた業者を直撃し「委託出品したもの」との回答を得ていたが、この業者に委託を依頼した男性こそA氏だという。

相次ぐ批判を受けた業者が出品を取りやめると、A氏は知り合いのB氏に頼み、別のアカウントで再び記念品を出品したそうだ。前述の目撃者は「たくさんの記念品を持って帰る様子を見た多くの人が『何アレ』と顔をしかめていた」と話す。


・話題となっている 西城秀樹さん告別式の記念品が転売されたニュース




関係者によると、このA氏は大杉漣さん(享年66)の葬儀でも記念品のハンカチと映画カタログを持ち出して、同様の売買取引を行っていたとされる。

本紙が西城さんの葬儀での行動や出品の事実確認をすると、A氏は電話口で「あんまり言いたくないですね。痛くもない腹を探られてもね。答えるメリットがない」と回答して、さらに「たとえば芸能人のスキャンダルを話して10万円もらえたりするのに、ここで話して何かもらえるんですか」などと話した。

前出の委託業者に出品を頼んだことも「ない」と否定する。この電話の数時間後、オークションのページを再度開くと、B氏による出品が取り消されていた・・

(source: 東スポWeb - 西城秀樹さん葬儀記念品出品の黒幕 本紙直撃に「話して何かもらえるのか」


・西城秀樹さん お世話になった人への記念品がオークションに!?出品者を直撃



・この記事へのコメント

・この黒幕の本名出せばいい。周りで見ていた人が顔をしかめるくらいだから、かなりおおっぴらにやってたんだろうな。大杉漣さんの時もやっていたというから、こいつ、商売だね。

・ファンでなくてよかった。だいたいファンはポストカード以外はもらえないんだけど。それにしても大杉さんの時にもいたということは「関係者」なんだよね。マスコミか、芸能事務所かなんだろう。卑しい人だ。

・この方は、ちょっとマークしないとね。死より金だね。

・そもそも、このA氏は何者なんでしょうか?
身内とか何か関係者なのでしょうか?
関係者でもなさそうなのに?何故堂々と、ご葬儀の記念品ヲ大量に持ち出せたりするのかよくわからないです…が。

・ファンも買わなきゃいい。
てか元手もタダか。
酷い奴。

・葬儀の返礼品で商売なんて卑しいにもほどがあります。

これは有名人でなくても同じこと。

西城さんはスターだから問題になった訳で、でも、こういったことは、一般人の間でもこれまであったことと思う。

だから自分のものをどうしようと自分の勝手みたいな、法律を破ってなければ何をしてもいい、みたいな、贈った人の気持ちを考えない行動が出てくる。

これを機に、葬儀の返礼品など言語道断だが、引き出物や頂き物などもいらないからと、身近な人に譲るならまだしも、オークションに出して、もうけようとするのは、下品だしやめた方が良いと思う。


・西城秀樹さん 通夜に野口五郎&郷ひろみが涙