9850136を発見した内木蔵治さん(83) 「びっくりしましたよ。ロマンというか、非常に夢を抱きますよ」・・



そう話すのは、高山市で所有する山林から古銭を見つけた内木さんです。

その数、なんと1320枚内木さんが孫と散歩に行った際に数枚を発見して地面を掘ったところ、出るわ出るわ。3日までに1320枚になり、内木さんは5日に警察に届けました。


9850136-1


見つかったのは、室町時代から流通していたとされる「永楽通宝」や中国・唐時代の「開元通宝」など約60種類に上るといいます。

県などによりますと、「埋蔵文化財」にあたると判断されれば、いったん、県の所有物になり、内木さんが譲与申請すれば内木さんのものになる可能性が高いということです・・


9850136-2


・この記事へのコメント

・中世の埋蔵銭ですね。おそらく土砂崩れや雨で埋まっていたものが剥き出しになったのでしょう。1320枚とすると、もう少しある可能性があります。1貫が約1000枚なので、2貫文以上あったのではないでしょうか。
ちなみに当時の1貫文の貨幣価値としては、現在の価値で10万~20万円ぐらいですかね。

・何でも鑑定団さんの出番ですね。

・「永楽通宝」と「開元通宝」では流通時期がかなり違うけど…。同じ場所から出たというのは何か経緯がありそうだね。争いの火種にならないといいけど…。

・発見が、「ここ掘れワンワン」だったなら
もっとロマンがあったな

種類も豊富だし
昔コレクションしていた人が住んでいたのだろうか?
楽しい話題、続報聞きたいな。

・誰か仮説でいいから鑑定してよ。
やってくれたら、もっと楽しめそうなんだけど。

・ロマンですねぇ~・・・全国には・・○○の埋蔵金伝説というやつが

必ずありますねぇ~・・・・

隠すのは土中に埋めるしかなかったですもんねぇ昔は。。。

・まだまだあるよ!きっとね。


・ロマンだね・・・孫と散歩中に「古銭」ざくざく1320枚