9850303「いいものを作るために、妥協しない。その上かなりハッキリと意見を言う。最近は小沢健二さんのライブにゲストボーカルとして出演していましたが、音楽番組での小沢さんのライブに彼女が参加したときはセットが不満だと言い始め、放送直前に大がかりな作り直しをしました」・・



「現場では“ゲストなのにそこまで言う!?”と不評でした。各方面から、難しい人だという噂は聞こえていましたね」(テレビ局関係者)

こんな評判もある満島だが、舞台関係者もこう証言する。

「演技のうまさから憑依型女優とも評されるあの満島さんが、ジュリエットを演じたいと自ら脚本・演出の宮藤官九郎さんに売りこんで実現したキャスティングだったそうですが、先月突然降板することに。ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)でもタッグを組み、クドカン作品とは相性がいいはずだったのですが…。

『体調不良』『スケジュールの都合』『自信喪失』などさまざまな説明が主催者側からされているのですが、満島さんがそんな曖昧な理由で降りるとは思えません。妊娠したなど大きな理由もなさそうです。事務所を辞めてからコントロールがきかなくなっているとか…」

「役者第一で作品を大切にする評判のいい事務所だっただけに、独立の理由も取り沙汰されました。アイドルだった満島さんを実力派女優として育てたのも事務所の手腕があったから。演技に集中したいというならこれ以上適した事務所はないはずなのに。彼女の意思を尊重し、形としては円満独立とはなりましたが周囲に違和感は残りました」


・満島ひかりさん 主演舞台を降板したと話題に


満島の姿勢は、他の女優たちとの間にも軋轢を生んできた。昨年10月の東京国際映画祭で、宮崎あおい(32才)、蒼井優(32才)、安藤サクラ(32才)という、同学年の3人と同じ舞台に立ったときもそうだった。

「オープニングセレモニーの後に4人そろってのテレビ取材が入っていたのですが、満島さんが直前になって『イベントに集中したい』とドタキャンを申し入れました。その後一転、満島さんがまた取材を受けると言い出したのですが、取材用の衣装の手配をキャンセルしたかたもいて、二転三転の末、取材は流れました」(映画関係者)

さらにこんな事件もあった。

「あの日、満島さんだけが赤いドレスを着ていました。実は他の3人も赤いドレスを用意していたのですが、被ってしまうからと全員そろって別の色の衣装に変えることにしました。それなのに彼女だけが約束を破り、赤のまま登壇
。3人は言葉もなかったようですよ。事務所もお手上げ、それで独立を止めなかった。今や注意できる人がおらず、今後どうなってしまうのか心配です」・・

(source: NEWSポストセブン - 舞台降板の満島ひかり 「注意できる人がいない」


・満島ひかりさん



・この記事へのコメント

・注意できる人がいないって。この程度の女優に遠慮するまわりがおかしい。

・昭和の大女優みたいな振る舞いだけど今のご時世ヤバくない??
演技上手いと思ったこともないし、顔も濃すぎて受け付けない。

・この子はそない美人か?
個人的にはあまりかわいいとは思わぬ。

・性格きつそうなのは顔つきから分かる。

・女優としては存在感があって凄いと思うけど、その映像も監督とかカメラマンとか、みんなで作ったものなんだろうから、謙虚さは常に必要な仕事やと思うがな

・女優は個人事業主と言えど、たった一人で作品が出来上がってるわけじゃないのに。売れっ子になったとたん、周りのスタッフと他のキャストへの感謝と敬意を忘れた典型的なパターン。「それでも生きていく」と「mother」の頃は良いお芝居してたけど、監獄のお姫様ではキョンキョンや菅野美穂の方がクドカンワールドを作り上げてた。脚本や監督の色に染まれないなら女優は厳しいと思う。何事も初心忘れるべからず。

・演技の上手下手以前に、社会人として守るべきマナーがある。
時には意見を主張することも必要な場面もあるかもしれないが、同僚やスタッフに対しての配慮や感謝、敬意を払うことも必要では?
この辺りで自粛して欲しいものだ。

・要は憶測でしょ


・満島ひかり クドカン舞台降板「不可解すぎる」と言われるわけとは?