9850900野球評論家・張本勲氏(77)が10日放送のTBS系「サンデーモーニング」に出演し、エンゼルスの大谷翔平投手(23)が8日、右肘の内側側副靱帯の損傷で、メジャー移籍後初の故障者リスト(DL)入りしたことに「心配だね」と案じた・・



大谷は6日のロイヤルズ戦の後に右肘の違和感を訴え、7日にロサンゼルスで組織の修復や回復を図る多血小板血漿治療と幹細胞注射を受けた。

3週間ノースローの予定で、再検査後に今後の方針を決める。PRP治療で効果が表れなかった場合は、手術をする可能性もある。


・大谷翔平選手 右ひじ故障で離脱





こうした状況に「これ、メス入れたら1年半ぐらいかかりますよ」との示し、
「右の肘のじん帯。左バッターは右手が重心にならないとダメなんですよ。右ひじ痛めるとバッターにも影響ありますよ」と指摘。同時に「ピッチャーとしたら生命に関わりますよ」とも話した。

ケガの原因を「何回も言うけど、走り込んでないから」と持論を示すと、「足で投げるから、ピッチャーは。極端に言えばね、足で始動して最後は足だから。手は後から付いてくることですから。大投手はみんな同じこと言ってますよ。
(走るのは)一番苦しいし、一番嫌なこと。でも一番大事なことをやらなきゃスポーツ選手は成功しませんよ」と断じていた・・

(source: スポーツ報知 - 張本勲氏、大谷のケガの原因は「走り込んでいないから」…「ピッチャー生命に関わります」


・「何回も言うけど、走り込んでないから・・」
9850900-1


・この記事へのコメント

・そもそも大谷は走ってないという張本の主張が間違っている。大谷はシーズン中もシーズンオフもいつも走っているのに。
俺は鎌ヶ谷でも試合前の球場でもキャンプ地でも走る大谷をいつも見てきた。
大変なケガをした選手に対しこういうデマをテレビで言う張本を許さない!

・田中の走塁に関して、走り込みが足りないと云うのかと予想してたら、大谷のヒジの故障が走り込みが足りない〜
驚きましたが、大昔はそれが常識?

・肘やっちゃってる田中、ダルも走り込み不足ってことになるが。
走り込み不足とのことだがどれぐらい走り込みすれば不足にならないのか知りたい。
また、メジャーの投手の多くが上半身投げだが、もっと肘故障多くなりそうな気もします。
ボールの影響ではないだろうか?
日本ではなくは無いが少ない気がする。

・この人自体が走る事に対して意見が言えるの?
現役時代はドタバタ守備で決して足が速いとは思えなかった。
お腹も早いうちから出ていて、走ってないなぁと思う。
そもそもどの位走ればいいの?
大谷の練習見た事は?

・このおじさんアメリカに住んで、走り込んでないのを見てるのか?
このおじさんのコメントいつもトンチンカン、なぜ未だにレギュラー出演するかTV局の闇を感じる。

・走り込みが足りないっても投球動作に重要な短距離ダッシュはしているしどうなのかね。
それよりもメジャーのマウンドの固さかも踏み込む左足の幅を小さくして最終的にキックバックしてるから負担は軽減できてると思うし。
二刀流とボールの重さなが負担だったかもね。スプリット多く投げてたし。

・高校時代にピッチャーやってた。控えだったけどw
一応は甲子園常連高だったせいかスポーツ医学にも触れさせられたから言うけど、0か100かみたいな考えでどのやり方が絶対的に正しい間違いってことはないと学んだ。
走り込みは大切だしそれは間違いじゃないんだけど、それだけがケガの原因なのだといきなり断言は出来ないと思う。
部員の中にはメチャクチャ走ってるのに肩肘やっちゃったやつもいたし、フォーム一つやどの筋肉をどう付ければ特定のケガに強くなるというのもあったし、それを実践して実感出来る場面もあった。
とりあえずこのやり方が絶対的に正しいと決めつけず、コーチやトレーナーやドクターと話した上で自分で効果を一番実感出来たものを選択していくことも大切だと思う。
少なくとも張本さんの現役時代よりかは自分にあったやり方を多くの中から選べるくらいトレーニング論やスポーツ医学は発展してるわけだから。



・【サンデーモーニング】 週刊スポーツ御意見番