9851465沖縄防衛局によると、11日午前6時25分ごろ、米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が那覇市から南へ約80㌔の海上に墜落した。



パイロットは緊急脱出し、米軍や自衛隊の航空機が捜索。救助され、在沖米海軍病院にヘリで搬送されたとの情報がある。

嘉手納基地所属のF15戦闘機は、最近では2013年5月に国頭村の東海上、06年に伊計島の東海上、02年8月に沖縄本島の南海上で墜落している・・

(source: 沖縄タイムス - 米軍F15、沖縄近海で墜落 嘉手納基地所属


・沖縄沖で米軍F15が墜落 パイロット2人脱出1人搬送(18/06/11)





・この記事へのコメント

・無事救出されると良いねぇ。台風通過後で海は荒れてそう・・

・パイロットも無事救助されたようですし、人的被害が出なくてなにより。

ただ、F15もだいぶ老朽化してきたので、自衛隊も他人事じゃないかも。

・ファントムよりは新しいけど
流石に30年越えの軍用航空機は引退だと思うが

・米軍続くね

・保有機数が多いとは言え、これだけ米軍機の墜落、緊急着陸が頻発すると米軍内の士気の低下や整備員の技量低下が疑われるんじゃないのか?機体や部品の老朽化も一因だとは思うけど、そのことに気付くのがプロフェッショナルな整備員。機体の不安全要素をいち早く発見し、事故を未然に防止してパイロットに安心して飛んでもらうことが整備員としての任務だと思う。

・無事脱出できたのはよかったけど、また沖縄県民の反感をかいそうですね。

・ちょっと時期が悪いね。
今この微妙な時期に米軍の制空迎撃戦闘機の墜落は要らぬ詮索をしてしまう。何か通常とは異なる訓練をしたのか?と。

イーグルでも一機80~90億はしたと思うけど、搭載機器や武装は更新できても機体そのものの老朽化は止められないので止むを得ないのかな?パイロットは空自が救助したとの報道もあるようだけど、何はともあれ先ずは無事に帰還できるといいですね。


・米軍機が那覇沖に墜落 政府「安全管理徹底を要請」(18/06/11)