9851482“ラブストーリーの神様”の異名を持つ北川悦吏子氏(56)がオリジナル脚本を手掛けるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜前8・00)の第61話が11日に放送され、ヒロイン・鈴愛は“運命”の幼なじみ・律から別れを告げられた・・



北川氏が事前に「神回」「私の中のマックス」と予告した注目回。回想・写真・子役を除くと、鈴愛役の永野芽郁(18)と律役の佐藤健(29)の2人しか登場しない今作初の15分間。

北川氏渾身の会話劇と永野&佐藤の熱演に、インターネット上も大反響。「月曜の朝から切ない」「涙腺崩壊」などの声が続出し、文字通りの「神回」となった。




北川氏が9日夜、自身のツイッターを更新。「あ、あの、来週月曜(11日)の『半分、青い。』は神回の中の1回です。」と予告した。

第10週(6月4~9日)の鈴愛、律、清(さや)(古畑星夏)の“三角関係”が“昼ドラ”のようなドロドロ展開&セリフだったこともあり、さらに期待が高まった。




第61話、鈴愛(永野)は律(佐藤)から呼び出され「喫茶おもかげ」に出向く。律は昼間に起こった鈴愛と恋人・清の衝突について話を切り出し「この街を越そうと思う。鈴愛と距離を置くためだ」「清を傷つけたくないんだ」と別れを告げた。


SNS上には「和みながらケンカするという朝ドラ史上最強屈指の回」「朝から号泣。鈴愛と律の思いが切なくて、でも、かけがえのないお互いのことを分かっていて。言葉が全部泣けた」
「2人の台詞だけを聞くと、めちゃめちゃ重たくは聞こえない。でも、律がしゃべるたびに、鈴愛が面白い返しをするたびに、それまでの年月が感じられて、胸が痛くなりました」などの書き込みが殺到した。

同局「あさイチ」(月~金曜前8・15)の司会・博多華丸(48)も「仕事にならないでしょ。月曜から、とんでもないものを見せられましたね」と“朝ドラ受け”・・

(source: スポニチアネックス - 「半分、青い。」鈴愛と律が別れ「神回」にネット反響「月曜の朝から切ない」「涙腺崩壊」














・5分で『半分、青い。』第10週~息がしたい!