9851687和歌山県田辺市で急死した資産家男性について、警察が自宅などから押収したビール瓶2000本を鑑定していることがわかった。



田辺市の不動産会社社長・野崎幸助さん(77)は、先月24日に自宅で死亡し、遺体からは多量の覚醒剤成分が検出された。

捜査関係者によると、野崎さんは自宅でビールを飲んだ後、夕方に寝室へ向かったということだが、警察が自宅や会社からビールの空き瓶など2000本を押収していたことがわかった。


・話題となっている 「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助氏が亡くなったニュース





野崎さんの死因は「急性覚醒剤中毒」で、口から覚醒剤を摂取したとみられているが、警察は覚醒剤がビールに混入されていた可能性もあるとみて、鑑定を進めているという。

また、野崎さんと同じ時期に急死した飼い犬の死骸についても鑑定を行っていて、覚醒剤との関連を調べるなど野崎さんが死亡した経緯を捜査している・・

(source: NNN - 急死“ドン・ファン”ビールに覚醒剤混入か


・渦中の妻と家政婦




・この記事へのコメント

・ビールの空き瓶が
家や会社に2000本ある事にも驚く
つか、何から何まで驚く

・家政婦がいるのに、ゴミ捨てしてくれないのかね。

・まぁ普通に考えれば最近籍を入れた20代の嫁がやったとしか考えれんよね
どうせ東京ではまともな男との付き合いしていないだろうしさ そそのかされて薬物入れましたてオチだろうね

・家政婦と嫁がグルなんじゃないの?
東京の家政婦のマンションに
嫁が頻繁に出入りしてたらしいから
綿密な計画を練ったんじゃないかなぁ…。
家政婦の元夫は覚醒剤の逮捕歴があるらしいよ。

・ビール瓶に入れたならば、飲む前に蓋をあけて覚醒剤をいれるだろから、可能な人はかぎられるね。
まさか絶対にビールの工場では入れないだろうし。21時に亡くなり、数時間前に覚醒剤を大量に飲んでいたらしいが、うどんは食べなかったから、覚醒剤はうどんの前だよね、きっと。家政婦と嫁しか自宅にいないがね、その時間は。
外部からの侵入がないし。

・昼は鍋だったとか、夜にうどんだったとか、家政婦はそんな感じのメニュー作ればなんとかなるの?
誰が犯人か知らないけど、私的にはあんなベラベラしゃべる派手な格好した、雇い主にくってかかるような家政婦は信用性ゼロ。

・テレビで何かの専門家さんがビールに入れたら飲めないくらい苦くなるとかおっしゃってましたがそれほどでもないということですかね?
自分が体験したことでないことは得意気に語らないほうがよろしいということですね。

・警察がこういう発表をしたのなら、何らかの嫌疑や不自然な事象が見つかったんだろう。流石に缶ビールでは偽装は難しいが、瓶ビールなら王冠?の開け方に工夫をすれば薬物混入も可能だろう。そして、死後硬直から判断した覚醒剤の摂取推定時刻は凡そ19時頃の様なので、その間妻と家政婦以外、自宅への出入りが無いとすれば…。ましてや野崎氏は脳梗塞か何かで半身が不自由だったらしいので、ビール瓶を自分で開けるのはかなり難しいのでは?という訳で警察は愛犬の解剖と妻及び家政婦の交遊関係を洗い、覚醒剤の入手経路と思われる人物との接点がないかを慎重に捜査している、という所じゃ無いかな?


・"紀州のドン・ファン”巨額の遺産を残し怪死 2つの謎とは?