55走行中の東海道新幹線車内で9日夜、男女3人が刃物で襲われ男性1人が死亡した事件。JR東海は11日、「亡くなったお客様に心からご冥福をお祈り申し上げます。安全確保に取り組みます」とのコメントを発表した・・



菅義偉官房長官は11日午前の記者会見で、内閣官房を中心に関係省庁の局長級による会議で対応を検討するよう指示したことを明かした。

また国土交通省は10日、JR各社と大手民間鉄道会社に対し、セキュリティー確保の徹底を文書で要請。駅などに警備員を配置し、「警戒中」と記した腕章をつけさせるなど、「見せる警備」での犯罪抑止の一層の徹底を求めた。また、非常通報装置を適切に使い、車内の異常への素早い対応を要請した。


・新幹線殺傷事件





新幹線車内では2015年の「のぞみ放火事件」のほか、刃物を使った殺傷事件も起きている。

中国など海外では、高速鉄道の駅で空港のような手荷物検査が実施されており、新幹線でも導入を求める意見がある。
だがJR各社は「乗客の利便性を著しく損なう」と消極的。国交省の幹部も「乗降客数やダイヤの過密さ、駅の形状からも困難」と話す。

20年には東京五輪・パラリンピックが控える。刃物や不審物の持ち込みをどう防ぐか、鉄道各社にとって大きな課題となっている・・

(source: 朝日新聞デジタル - JR、手荷物検査は「困難」 新幹線殺傷、五輪へ課題


・小島一朗容疑者



・この記事へのコメント

・新幹線に手荷物検査、保安検査とした良い意見もあるが、するなら、在来線も手荷物検査しないと意味はない。あの事件は、新幹線以外でも起こる可能性はある。バスでも起こる可能性はある。

・手荷物検査やり出したら、かなり前に駅に着いてないとね。間に合わなくなる。

現実的にやれるのは、抜き打ち検査くらいじゃない?

・新幹線で手荷物検査を実施したら、乗車に時間がかかりすぎて、
本数を激減せざるを得なくなるでしょ。
とはいえせめて、X線とかで凶器の所持のチェックくらいは
できないものか。

・旧国鉄時代にあった車掌の司法警察権を復活させてはいかがか?
民営化で車掌が民間人となっても、日本国籍の車掌であれば問題ないと思う。
新幹線特例法で、新幹線車掌だけ特別に司法警察権を与えて欲しい。

・隣に座ってる人がいきなり切りつけてきたら非常通報装置なんて意味ないわ。

・一日の新幹線のダイヤ本数考えれば事実上不可能。
金属探知機でも無理だな。
やるなら、鉄道警察隊数名を新幹線に常駐させるしか無いな。
それでも数百人規模と大掛かりになるけどね。
実際問題、車掌さんの対応は、犯人に向かって口頭注意しか出来ない以上、物理的に対処出来るのは警察しか居ないと実態が明らかになったからね。

・今回は新幹線だったけど、在来線、更には普段利用している通勤電車などでも起こり得る話。

50年前には横須賀線の網棚に時限爆弾を仕掛けて爆発させた事件なども起きている。

荷物検査なんてあまりにも非現実的なはなし。


・新幹線3人殺傷 無作為検査などJR警備強化を検討