9852104永久シード選手で、5度の賞金王にもなった片山晋呉の不適切な行為が物議を醸している。今年から新選手会長に就任した石川は選手の意識改革として、ファンサービスの充実やプロアマ大会での招待者へのおもてなしを明確に打ち出したばかり。その矢先の“不祥事”だ・・



「片山はプロ転向から約23年、日本を代表するプレーヤーとして実績も申し分ないのですが、以前からプレーマナーやファンサービスの態度の悪さは問題視されていました。

 プライベートでも、片山の女性問題でドロ沼離婚調停が長い間続くなど、何かとトラブルが少なくありません。それもこれも、小さい時から甘やかされて、チヤホヤされてきたからという背景もあるかもしれません」(スポーツライター)

 片山は実家がゴルフ練習場を経営しており、自身も2歳からゴルフを始め5歳の時にラウンドデビュー。1995年にプロテストに合格すると‘97年には賞金シード獲得、2001年の全米プロ、’09年のマスターズでは4位に入るなど輝かしい経歴を残している。


・話題となっている 片山晋呉選手が招待客を激怒させた騒動


9849740-1


そんな片山の普段のワガママぶりを「垣間見た」と話すのは、ある飲食店の客のひとり。

「もう4~5年前ぐらいですが、都内でも人気の日本料理店で彼は若い女性と二人で訪れ最初のうちは談笑していたのですが、急に持参したワインを取り出し『これ開けて』と言い出したんです。

 もともと料理長やオーナーさんと知り合いだったようで、お店の方も苦笑しながら、ワインを開けましたが、そのうち提供される食材の食べ方に『俺だったら、これには違うタレを使う』とか『その肉、もっと大きくカットして』とかワガママを言い始め、次第に『ちょっとそれかして、俺にやらせて』と料理長の包丁を取り上げようとしたり……。

 常連さんなのかもしれませんが、カウンター席で大きな声で電話をしたり、とにかく大人のマナーとは程遠い感じを受けました」・・

(source: 週刊女性PRIME - 片山晋呉のワガママ目撃談、“不適切”な行為はゴルフだけじゃなかった


・東建ホームメイトカップ 重永亜斗夢 片山晋呉 石川遼



・この記事へのコメント

・ダメだこりゃ、、、、プロ意識以前に普通に人としての品性の問題と思う、、、、

・片山の件は身から出た錆。厳しい処分が必要だと思う。

・プロ資格剥奪でいいじゃない!

・昨日のジャンクスポーツで
近年の入場者数減、スポンサー減により男子トーナメント数が減った事を訴え

石川遼君中心に、若い男子プロゴルファーが、慣れないバラエティ番組に出演しながら、あんなに人気回復を訴えていたのに…

それを後押ししなきゃいけないはずの中堅がこれでは…残念ですね。

石川遼君達には頑張ってほしい

・幼少期からチヤホヤされてきた背景。
そんな背景に培養されて、自画自賛の俺様に育ってしまったんでしょうね。
ファンやスポンサーがありがたい存在どころか、逆に自分に媚びて当たり前ぐらいに思ってる。
男子プロゴルフ界の為にも、こんな人は淘汰されてもいいと思う。

・クラブの使用契約をしていたメーカーの社員さんが「この人ゴルフに関しては一流だけど人間的な話で良い話を聞いた事がない」と言っていたのを10年くらい前に聞いていたのでやっぱりかって感じましたね

・ツアーで片山見たけど、態度悪いし、他のメンバーを置いて一人でサクサク歩く。マナー悪かったのを覚えている。

・もともと いろいろ問題があった選手
プライベートの問題は 別として
ファン対しての対応とか 前からこの様な対応だったと思うプロアマ戦 その都度
協会が対応しとけば 良かったと思ってしまう。


・片山晋呉プロとプロアマ招待客に何があったのか