9852110千葉県松戸市のベトナム国籍の小学3年生レェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)が殺害された事件で、渋谷恭正被告(47)の裁判員裁判第5回公判が11日、千葉地裁で開かれ、DNA鑑定を担当した千葉県警科学捜査研究所の女性主任研究員が検察側証人として出廷した・・



検察側の主尋問で主任は、リンさんの遺体の腹部から採取した試料から唾液と血液の成分が採取されたと証言。同じ試料のDNA鑑定ではリンさんと渋谷被告の2人分のDNA型が検出されている。

主任は「DNAが出ているのに血液、唾液がどちらの持ち主のものでもないとは考えにくい」と、渋谷被告の唾液である可能性に言及。唾液は顔、左右の耳、左右の胸、腹部、下腹部から検出された。


・話題となった レェ・ティ・ニャット・リンさんが亡くなった事件





・千葉松戸女児殺害 初公判



DNA鑑定に捏造(ねつぞう)の可能性があるなどとして無罪を主張する弁護側は、鑑定手順を1つ1つ確認。汚染や意図的混入の可能性を探った。

リンさんのDNA型を含む混合DNA型が検出された目隠しフェイスマスクの付着物の一部について「被告でも被害者でもないDNA型があったか」と確認すると、主任は「あったと記憶している」と証言。一部の試料からは第三者のDNAも検出されていたことを確認した。

(source: 日刊スポーツ - リンさん目隠しマスクから第三者のDNA検出と証言


・この記事へのコメント

・キモ・・・。弁護士も共犯やん。

・弁護士は弁護するのが仕事。
疑わしきは罰せず。
そして全ての判例が後世に生かされる。
ここまでが大原則。

外野からは荒唐無稽な弁護に聞こえるかもしれないが、
実のところは白い部分を全く残さない為にあえて可能性を弁護として述べているともとれる。
完璧な理由を揃えて論破して真っ黒にしてもらうためだと思えばいい。

・弁護士もこんなんやってて心痛まないのかな。

・犯人は変態だな・・・
DNAを鑑識の人が御遺体と二人きりになって採取するんだったら分かるが、何人もの捜査員がいる中で採取するから、すり替えや誤って混入したなんてありえないでしょう

わざわざ捜査員の誰かが、後からすり替えたという可能性が絶対にないとは言えないが、わざわざ危険を犯してまですり替えるか?

一ヶ所だけから検出されたのならまだしも、服の下の胸や下腹部から検出されたのなら、こいつが犯人に違いないだろ

・リンちゃんへの償いは、唯一正直に話す事だと思う。
これじゃ成仏出来ないよ。

・そのフェイスマスクを使って他にも被害者にあった子がいるって事なんじゃないの?

・この変態が何も反省してないから弁護士がピエロになってしまう。
日本の恥だからあまり長引かせないで欲しい。


・遺体から被告のDNA型 リンちゃん殺害事件で証言(18/06/11)