33警視庁は12日、東京都内で見つかった男性の遺体を、無関係の家族に引き渡していたと発表した。死亡したとされた男性が今年、親族の家に現れたことで誤りが発覚した。



刑事総務課によると、昨年6月下旬、東京都葛飾区の江戸川で意識不明の男性が見つかり、死亡が確認された。
亀有署は、この3日前に行方不明者届が出ていた千葉県松戸市の40代の男性と年代や身長などの特徴が似ていたため、親族3人に遺体の顔の確認を依頼。3人が「間違いない」と話したため遺体を引き渡した。遺体は火葬され。

しかし、今年5月、この男性が親族の家を訪れたため、親族が今月6日、同署に連絡。署が改めて残っていた指紋などで確認し、遺体の身元は東京都内の30代男性と判明した。親族らが顔を見て身元確認ができたと判断した場合は、指紋やDNA型の照合はしていないという・・

(source: 朝日新聞デジタル - 「死亡」の男性生きていた 警視庁誤認、遺体を別家族に


・葬儀の後、死亡したはずの74歳男性が帰宅



・この記事へのコメント

・死んだと思ってた人が帰ってきたら、腰抜かしそう。

・サスペンスドラマにありそうな話だ

家族はびっくりしただろうね

・親族3人が、間違いないって、確認してるし

・親族が間違うほど似てたって事?
突然の事で顔も良く見れなかったのかな?
それにしても、死んだはずの人が現れたらさぞかしビックリしただろうな。

・遺族?が確認しているのだから警察に落ち度はないんじゃないの?
DNA鑑定なんかしてたら遺族に怒られるわな。

・もっと細かく調べておけばね、というのもあるけど、親族が間違いないと言ってるもんだこらね。
落ち度はまったくないわけでないけど、しょうがないんじゃないかな。

・>男性の親族3人に遺体の顔の確認を依頼。3人が「間違いない」と話したため、遺体を引き渡した。遺体は火葬されたという。

この親族3人と男性は殆ど会うこともない遠縁なんでしょうか?
年に一度会うか会わない、会話もほぼしないなら間違う事もあるかも?
3人の内、1人がこの人です。と言ったので周りも同意してしまったのかな。
この男性へ電話を掛けたり、家にで向いたりすれば間違いだとすぐに分かりそうですが、、、すごく不思議な事件です。

・これは警察に落ち度があるというより確認方法に落ち度があるのかな


・未だに生存説が囁かれている有名人5選