22富士通クライアントコンピューティング株式会社は、FMVブランドより、子供向け14型ノートC/2in1「LIFEBOOK LH」シリーズ2製品を、7月26日より発売する・・



国内初の小学生専用PCを謳う製品で、クラムシェルノートの「LH35/C2」とタッチ対応パネル/アクティブペン対応の「LH55/C2」の2モデルが用意され、店頭予想価格はそれぞれ7万円強、9万円強。

商品コンセプトは「はじめての『じぶん』パソコン」で、子供がPCを利用するさいの親の不安を考慮した「あんしん」、子供の成長や将来のために役立つ「そだてる」、子供自身がほしいと感じる「たのしい」の3要素をカバーする。

LH35/LH55ともに14型1,366×768ドットの非光沢液晶ディスプレイを搭載するが、LH55は360度回転式ヒンジを採用し、2in1として利用でき、タッチ操作と付属のアクティブペン(Microsoft Pen Protocol、1,024段階筆圧検知)でのペン入力に対応する。




そのほかのおもな仕様は共通で、Celeron 3865U(2コア/1.8GHz)、DDR4-2133メモリ4GB、128GB SATA SSD、OSはWindows 10 Homeを搭載。

インターフェイスはUSB 3.0×2、USB 2.0、HDMI、IEEE 802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.2、Gigabit Ethernet、SDカードリーダ、約92万画素前面/約500万画素背面Webカメラ、音声入出力。

(source: Impress Watch - 富士通、「はじめての自分専用PC」に最適な“小学生専用”14型ノート


・この記事へのコメント



・>LH55は360度回転式ヒンジを採用し、2in1として利用でき、

ここは良いとして

>LH35/LH55ともに14型1,366×768ドット
>Celeron 3865U(2コア/1.8GHz)、DDR4-2133メモリ4GB
>税別店頭予想価格はそれぞれ8万円強、10万円強。

アホか

6世代目辺りで中古のcore i5のタブレット買ったほうが
よっぽど幸せになれるだろ

っていうか
8万とか10万あったら
現行のcore i5 2 in 1ノート買えるじゃねーかよ

・で、そのPCで、何をするのかの提案は無いの?
売るだけ?

使い方の提案されてる、
iPadの方がいいよね

・このノートが必要か必要でないかは置いといて、最近パソコン使えない若い人が増えていると聞いた。スマホ依存でパソコンが不必要だと。それも困った話だよね。パソコンのスキルが必要がない企業に就職するならいいけど。せめて、Excel Wordぐらいはね…。関数になるとわからないって言われる時はあるが、それはしょうがないかなって思っていた部分はあるが、初歩的な事ぐらいはね…。

・長く使えないの見え見え

・パソコンは単なるアイテム。
スマホが普及してしばらく経つけど、情報をどう扱うかは遅れていると思う。
パソコンを扱うなら、そういう教育もするシステムもきちんとしてあげたい。

・パソコンもスマホもそうだが子供に勉強のために使わせてやりたいが勉強と遊びの区別をつけさせるにはあまりに曖昧すぎる。
勉強の最中にユーチューブを見たりする使い方をされては与える事を躊躇する、
もっと勉強は勉強に特化した使い方のできるパソコンやスマホを開発してほしい。

・PCスキルの低い新入の大学生向けに大学生協が割高のPCを売っていたのと同様に、PCを選ぶための選択眼のないスキルの乏しい親を狙って割高のPCを売ろうとしている商売じゃないかなと思える。
それに小学生専用と歌っている割には有効性のある小学生向けの部分があると感じない。

単に教育現場で儲けている富士通の商材紹介記事に思える。


・将来なりたい職業1位はプログラマー小中学校プログラミング教育が必修に