66「ロト7では過去2回、同じ売り場から同時に2口の1等が出たことがある。いずれも周辺の証言などから、同じ人が当てたと報じられています。今回も1等2口19億4000万円余りを、1人が独占した可能性が極めて高いですね」・・



楽天銀行に食い下がると「特定の個人につながらない情報なら」ということで、次のデータをメディアに初公開してくれた。

今年になって楽天銀行からロト7、ロト6、ミニロトを合わせて19口の1等が出ている(5月30日現在)。その19口の買い方の傾向と購入者の割合を表したものだ。


・ロト7



【数字選び】

自分で選んだ:75%
クイックピック(機械が自動的に選ぶ):25%
(自分で選ぶ2口、クイックピック1口といった買い方をしている人もいる)

【数字へのこだわり】

前回と違う数字を買って当てた人:60%
同じ数字を続けて買っていた人:40%
(19口すべてが、前の回もロトを購入している継続買い。思い付きで1回だけ買った人はいない)


・ロト7 抽選動画



【購入金額】

1000円以上:60%
1000円前後:40%

【購入日】

抽せん日に購入:50%
抽せん日以外の日に購入:50%
(キャリーオーバーの金額を見ての追加買いも含む)

【ロトの種類】

当せん者が当たった週にほかのくじを購入していた割合(1種/複種の割合)は約70%弱が、同じ週にほかのくじも購入。

このことから得られる「ロト7」当せん者の共通点がこれだ!

(1)数字を自分で選ぶ
(2)毎回購入し、数字は変える
(3)金額は1000円以上購入する
(4)抽せん日に購入する
(5)すべてのロトをまんべんなく購入する

(source: 女性自身 - 楽天銀行がデータを初公開!ロト7当せん者が持つ共通点


・ロト7を15万円分買ったらまさかの結果に