88【佐藤】とても優れた人であることは間違いありませんが、彼は読み違いをした。それは、国家が絶対に許さない通貨発行権に触れたこと。彼はライブドア株をどんどん分割した。それを続ければ、ライブドア株はやがて貨幣の代わりとして使えるようになる・・



しかも株式と商品の交換は物々交換だから消費税がかからない。偽金作りをしているようなものだった。もしもやるのならビットコインのように誰が作ったか分からないように用意周到に事を運ぶべきだった。

【片山】冷戦以後、アメリカは金融資本主義を推し進めてきました。資本主義の最終段階と言われる金融資本主義という分野に日本でチャレンジしたのが、堀江や村上ファンドの村上世彰らベンチャー経営者だった。しかし国内で彼らは総会屋のようなネガティブな存在として見られた。

【佐藤】総会屋は彼らの登場でいなくなってしまいましたからね。それは「物言う株主」という言葉の流行に象徴されるように、みんなが総会屋になってしまったからです。そうなると職業的な総会屋は必要なくなります。

堀江のもう一つの失敗は日本で権力を握るおじいちゃんたちへの挨拶が足りなかったこと。長幼の序を重んじる日本では挨拶がとても重要なのに、そこが分かっていなかった。だから05年2月にはじまるニッポン放送株買収騒動ではフジテレビの日枝久(当時フジテレビジョン会長)が怒った。


・堀江貴文さん モヒカン姿が話題に



【佐藤】村上も堀江も逮捕されましたが、二人には決定的な違いがありました。村上は一審でインサイダー取引で実刑を言い渡されたあと、NPOへの協力やボランティア活動にいそしんで国家の温情にすがった。

【片山】国家権力の恐ろしさを知っていたんですね。

【佐藤】村上はもともと通産官僚でしたからね。

一方の堀江はモヒカンで出頭して国家権力を挑発した。彼は特に厳しいと言われる須坂(長野刑務所)に収監された。須坂には現役のヤクザもいる。夏は気温36~37度で、冬はマイナス。もちろん冷暖房はなし。彼の公判態度を見て国家の裁量で重い懲罰を加えたわけです。

余計なことをしなければ、栃木の喜連川社会復帰促進センターに収監されたはずなんですよ。労働大臣の村上正邦、防衛官僚の守屋武昌、大王製紙の井川意高、そして鈴木宗男。みんな喜連川社会復帰促進センターです。私ももしかしたら収監されるかもしれないと思って調べていたんです(笑)・・

・詳細は(source: プレジデントオンライン - ホリエモンが最悪の刑務所に送られたワケ


・長野刑務所



・この記事へのコメント

・このTシャツちょっと欲しいかも。

・白シャツとネクタイの大切さを教えて頂きました。
でも本当に危ないやつほど、白シャツとネクタイをしていると感じます。

・ベーシックインカムみたいな革命的な介入唱えてる人がレッセフェールの象徴とか思想が偏り過ぎ。左翼言論が幅を利かせすぎ。

・とっちらかってて何言いたいのかよくわかんねぇなこの記事。

まぁホリエモンの件は簡単だろ。敵作りすぎだよ。シャバ出たあとは
余計こじらせて、些末事に噛みついて回る野良犬みたいになってるし。

・出る杭を打つ国、日本。
あんな裁判でも評決が割れるような微細で曖昧な事で逮捕されたら経営者なんて全員なんらかの方法で逮捕されるわ。
もっとでかい額の脱税でカネボウもオリンパスも誰も逮捕されていない。
バカげた国だよな。


・堀江貴文が語る刑務所の恐るべき実態「普通に人が死ぬ(笑)」