88この日は「珍しいフルーツ大福が食べたい! その断面図がみたい!」という視聴者の欲望を蛭子が体験することに。蛭子は登場すると「あんこ好きです!」と企画に乗り気な様子。しかし、あんこの魅力を問われると、「甘くてドロッとしてる」とあまりにも雑に表現した・・





さっそく1軒目の和菓子店を訪れた蛭子はピオーネ大福を試食し、「たいていがほとんど同じ味」と失礼すぎるコメント。さらに2軒目に訪れた店ではスモモ大福をおススメされたが、スモモを食べたことがない蛭子は困惑。「ピューっと飛び出してくる」「バッと覆いかぶさっていく感じ」という独自のニュアンスで味の感想を伝えた。

続いて、フルーツ大福界の名店に向かった蛭子。そこで出されたマスクメロン大福にかぶりつくと、「まんべんなく栗」と違うフルーツの名前を上げて表現。このVTRにスタジオは大爆笑し、有吉弘行(44)は「めちゃめちゃだね、この人」とあきれ返った。さらに最後に食べたマンゴー大福については、甘さが足りないと文句をつける自由さだった。





この食レポに視聴者からは、「ヤバすぎる!」「さすがに無茶苦茶」「腹よじれるぐらい笑った」「味がまったく伝わらない」「これはもう放送事故レベル」「最初から最後まで蛭子節が炸裂してたな」「フルーツ自体を間違えるのは、食レポ史上初だと思う」といった声が続出。

「15年2月放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)でも蛭子は、とんちんかんな食レポをしています。番組内の『突撃!総理の晩ごはん』というコーナーで、フォアグラを食べた蛭子は“えーと……パン!”と苦し紛れにコメント。さらに“フォアグラがあまり好きではない”“名前がね……なんですかね、フォアグラって”と意味不明な感想を残していました」(芸能ライター)・・









・蛭子能収を超えるクスそうそういない説