33スペイン・マドリードで22日に行われた陸上の国際大会で、中国の蘇炳添(29)が9秒91(追い風0・2メートル)を出し、フェミ・オグノデ(カタール)が持つアジア記録に並んだ。2位はイタリアのフィリッポ・トルトゥ(20)で9秒99だった・・



蘇は2015年にアジア出身者として初めて10秒の壁を突破。同年の世界選手権準決勝でも再び9秒99を出し、アジアの選手として初めて世界選手権100メートルのファイナリストになった。

19日に謝震業が9秒97の中国記録を出していたが、それを塗り替えた。




日本選手権(山口市・維新みらいふスタジアム)はきょう23日に男子100メートル決勝が行われる。午後8時35分スタート予定。自己記録9秒98の桐生祥秀、同10秒00の山県亮太、同10秒07の多田修平、同10秒08のケンブリッジ飛鳥が、蘇の活躍を受けてどんなレースをするのか。注目だ・・

(source: スポニチアネックス - 蘇炳添がアジアタイ9秒91!100M、中国記録を大幅更新


・蘇炳添選手



・この記事へのコメント

・凄い記録だな。

・追い参でもないのに一気に伸びたな

・9秒台ずらりのメンバーの100Mで条件悪くなくても
10秒台の遅いタイムで決着することがあるから
陸上競技って素人にはよくわからないね。

駆け引きもあるだろうがその試技で持ってる力を
出し切るのって難しいんだろうな。

・日本人もこのレースに出場していたら、良い参考になり、この記録の凄さが分かり易いと思う。

・ロシア同様に組織的なドーピングが盛んな中国でこの選手ほどクリーンで頑張ってる選手は珍しい。

・桐生もコンスタントに9秒代を出せるように頑張って欲しい

・素晴らしい 凄い。ヨシヨシ。切磋琢磨。

“スプリント系はアジア人には無理“とか言ってるわかったつもりちゃん達を黙らせよう。

・半端ないな

・白人記録抜いたんじゃない?


・苏炳添马德里9.91平亚洲纪录!黄种人的骄傲!